2004.07.16

中外製薬、タミフルの予防投与効能追加承認を取得、対象はハイリスク者限定

 中外製薬は7月13日、抗インフルエンザ薬「タミフル」(一般名:リン酸オセルタミビル)について、7月9日付けで「A型またはB型インフルエンザウイルス感染症の予防」の効能・効果を追加取得したと発表した。

 今回追加された予防投与の適応は、インフルエンザを発症している患者の同居家族または共同生活者で、65歳以上の高齢者と13歳以上のハイリスク疾患患者に限られ、インフルエンザの患者と接触した後、2日以内から、75mgカプセル1日1回、7〜10日間投与する。13歳以上のハイリスク疾患患者とは慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息などの慢性呼吸器疾患、心不全などの慢性心疾患、糖尿病などの代謝性疾患、腎機能障害の患者を指す。今回取得の予防投与は保険給付の対象にはならない。小児用のタミフルドライシロップについては、「今後、同様の予防投与の効能・効果の追加を検討していく」という。

 タミフルの予防投与については、今年1〜3月に山口県、大分県、京都府の産卵鶏農場などで発生した高病原型トリインフルエンザの流行で、養鶏場関係者に投与された例が記憶に新しいが、こうした用途は今回追加された効能・効果とは別枠になる。ただし、養鶏関係者が仮にトリインフルエンザを発症した場合には、上記の範囲の同居者は今回の効能追加の対象になる。

 中外製薬のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
  2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
  3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
  6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
  7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
  8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
  9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
  10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1