2004.07.15

セコムがAEDのレンタルを開始、パッケージ化しサービス提供

 セコムは、9月から、AED(自動体外式除細動器)のレンタル事業を始める。機器一式のレンタルに加え、導入時の取り扱い説明や消耗品の定期訪問交換など、付随するサービスをパッケージとして提供する。

 AEDとは、心臓発作を起こした人に装着する医療機器。自動的に心電図を解析して、必要な場合に電気ショックを与えて心拍の再開を促すことができる。セコムは多数の人が集まる施設を主なターゲットに売り込みをかけ、5年契約の場合で1台当たり保証金2万円、月額基本料金7350円でサービスを提供する予定にしている。

 同時に同社所属の警備員らに教育を施し、業務中はもちろんプライベートの時にも、AEDが使えるように訓練していく。

 AEDに関しては、厚生労働省の検討会が今年5月に報告書をまとめ、一般市民でも積極的に活用できるような環境整備の必要性をうたっている。今回セコムがAEDのパッケージサービスを開始するのも、今後の普及をにらんで先手を打ったものとみられる。(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256