2004.07.15

セコムがAEDのレンタルを開始、パッケージ化しサービス提供

 セコムは、9月から、AED(自動体外式除細動器)のレンタル事業を始める。機器一式のレンタルに加え、導入時の取り扱い説明や消耗品の定期訪問交換など、付随するサービスをパッケージとして提供する。

 AEDとは、心臓発作を起こした人に装着する医療機器。自動的に心電図を解析して、必要な場合に電気ショックを与えて心拍の再開を促すことができる。セコムは多数の人が集まる施設を主なターゲットに売り込みをかけ、5年契約の場合で1台当たり保証金2万円、月額基本料金7350円でサービスを提供する予定にしている。

 同時に同社所属の警備員らに教育を施し、業務中はもちろんプライベートの時にも、AEDが使えるように訓練していく。

 AEDに関しては、厚生労働省の検討会が今年5月に報告書をまとめ、一般市民でも積極的に活用できるような環境整備の必要性をうたっている。今回セコムがAEDのパッケージサービスを開始するのも、今後の普及をにらんで先手を打ったものとみられる。(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14