2004.07.15

セコムがAEDのレンタルを開始、パッケージ化しサービス提供

 セコムは、9月から、AED(自動体外式除細動器)のレンタル事業を始める。機器一式のレンタルに加え、導入時の取り扱い説明や消耗品の定期訪問交換など、付随するサービスをパッケージとして提供する。

 AEDとは、心臓発作を起こした人に装着する医療機器。自動的に心電図を解析して、必要な場合に電気ショックを与えて心拍の再開を促すことができる。セコムは多数の人が集まる施設を主なターゲットに売り込みをかけ、5年契約の場合で1台当たり保証金2万円、月額基本料金7350円でサービスを提供する予定にしている。

 同時に同社所属の警備員らに教育を施し、業務中はもちろんプライベートの時にも、AEDが使えるように訓練していく。

 AEDに関しては、厚生労働省の検討会が今年5月に報告書をまとめ、一般市民でも積極的に活用できるような環境整備の必要性をうたっている。今回セコムがAEDのパッケージサービスを開始するのも、今後の普及をにらんで先手を打ったものとみられる。(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:319
  2. インフルエンザ治癒証明に意義なし REPORT FBシェア数:983
  3. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:6
  4. 最悪の事態は油断とともにやってくる 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
  5. 時代とともに失われたナースのスキル 病院珍百景 FBシェア数:23
  6. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:70
  7. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:225
  8. 血糖管理はHbA1cを見るだけでは不十分 リポート◎糖尿病の新管理指標「血糖トレンド」に注目集まる FBシェア数:855
  9. 「無診察リハ」で2年分の診療報酬を自主返還 クリニック事件簿 FBシェア数:287
  10. 放射線アブレーションによる心室頻拍治療 NEJM誌から FBシェア数:61
医師と医学研究者におすすめの英文校正