2004.07.15

セコムがAEDのレンタルを開始、パッケージ化しサービス提供

 セコムは、9月から、AED(自動体外式除細動器)のレンタル事業を始める。機器一式のレンタルに加え、導入時の取り扱い説明や消耗品の定期訪問交換など、付随するサービスをパッケージとして提供する。

 AEDとは、心臓発作を起こした人に装着する医療機器。自動的に心電図を解析して、必要な場合に電気ショックを与えて心拍の再開を促すことができる。セコムは多数の人が集まる施設を主なターゲットに売り込みをかけ、5年契約の場合で1台当たり保証金2万円、月額基本料金7350円でサービスを提供する予定にしている。

 同時に同社所属の警備員らに教育を施し、業務中はもちろんプライベートの時にも、AEDが使えるように訓練していく。

 AEDに関しては、厚生労働省の検討会が今年5月に報告書をまとめ、一般市民でも積極的に活用できるような環境整備の必要性をうたっている。今回セコムがAEDのパッケージサービスを開始するのも、今後の普及をにらんで先手を打ったものとみられる。(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4