2004.07.15

総合メディカルが調剤薬局全店でクレジットカードの取り扱い開始

 総合メディカル(金納健太郎社長、福岡市中央区)は7月下旬から、同社がチェーン展開する調剤薬局「そうごう薬局」の全163店で、クレジットカードによる医療費支払いの取り扱いを開始する。近年の医療費の患者負担増、長期投薬の増加などで、調剤薬局での患者の支払い額が増えていることに対応したもの。調剤薬局チェーン全店でのクレジットカード取り扱いは全国初。

 患者の利便性向上の観点から病院・診療所においては、医療費の自己負担のカード決済導入が徐々に進んでいるが、負担額がそれほど多くない薬局では極めてまれ。だが、サラリーマン本人でも負担率が3割になり、また2週間を超える長期の処方が増えていることもあって、近年、薬局窓口で支払う額が多くなっており、カード利用のニーズは高まっている。

 そうごう薬局で利用できるのは、JCB、ダイナース、VISA・MASTER、アメックスの各カード。7月下旬から8月中旬にかけて全店舗でクレジットカードの決済端末を導入し、順次取り扱いを始める。デビットカード(銀行などのキャッシュカードによる即時決済)による支払いも可能となる。

 総合メディカルでは「カードを利用することで、給与前や休日等で手許に現金がない場合でも安心して薬を受け取れるようになり、患者のメリットは大きい」としている。(風間浩、日経ドラッグインフォメーション

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:192
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:224
  4. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:18
  5. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  6. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:16
  7. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:113
  8. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:80
  9. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:72
  10. レビー小体型認知症の診断、改訂ポイントは? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正