2004.07.15

総合メディカルが調剤薬局全店でクレジットカードの取り扱い開始

 総合メディカル(金納健太郎社長、福岡市中央区)は7月下旬から、同社がチェーン展開する調剤薬局「そうごう薬局」の全163店で、クレジットカードによる医療費支払いの取り扱いを開始する。近年の医療費の患者負担増、長期投薬の増加などで、調剤薬局での患者の支払い額が増えていることに対応したもの。調剤薬局チェーン全店でのクレジットカード取り扱いは全国初。

 患者の利便性向上の観点から病院・診療所においては、医療費の自己負担のカード決済導入が徐々に進んでいるが、負担額がそれほど多くない薬局では極めてまれ。だが、サラリーマン本人でも負担率が3割になり、また2週間を超える長期の処方が増えていることもあって、近年、薬局窓口で支払う額が多くなっており、カード利用のニーズは高まっている。

 そうごう薬局で利用できるのは、JCB、ダイナース、VISA・MASTER、アメックスの各カード。7月下旬から8月中旬にかけて全店舗でクレジットカードの決済端末を導入し、順次取り扱いを始める。デビットカード(銀行などのキャッシュカードによる即時決済)による支払いも可能となる。

 総合メディカルでは「カードを利用することで、給与前や休日等で手許に現金がない場合でも安心して薬を受け取れるようになり、患者のメリットは大きい」としている。(風間浩、日経ドラッグインフォメーション

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180