2004.07.15

【癌治療の将来に関するアンケート調査2004】No.6 癌治療学会が進める臨床試験登録医制度、「これから申請するつもり」が3割 

 MedWaveは米国癌治療学会の開催を機に、web上で「癌治療の将来に関するアンケート調査」を実施。6月7日から21日までに、120人の協力が得られた。調査では、日本癌治療学会が進める三つの事業についても尋ねた。

 まず、臨床試験登録医制度について申請状況を聞いたところ、回答者の中で「すでに登録済み」は5.8%で、また「これから申請するつもり」も30.0%だった。「申請しない」と回答した人が63.3%と多数だった(図8)。

 昨年の同様の調査では、回答者162人の中で「すでに登録済み」は2.5%に過ぎず、また「これから申請するつもり」も21.0%だった。「申請しない」人が76.5%と多数だった。徐々にであるが、臨床試験登録医制度が浸透しつつあるようだ。

 日本癌治療学会が進めている臨床腫瘍データベース作成事業については、「大変良い事業だと評価している」との回答が25.8%で、「どちらかといえば良い事業だと思っている」の40.8%とあわせ6割以上の人が前向きに評価していた(図9)。



 「どちらかといえば期待できないと思っている」が11.7%、「ない方がいい」は1.7%だった。「評価はこれからだと思う」も20.0%あった。

 昨年同様の調査では、「大変良い事業だと評価している」との回答が25.3%、「どちらかといえば良い事業だと思っている」は41.4%で、今回はそれほど変化はなかった。

 三つ目は、固形がん治療効果判定を、今後「New Guidelines to Evaluate the Response to Treatment in Solid Tumors」(RECISTガイドライン)に添って行うことに決定した点を取り上げた。

 この決定をどのように評価するか尋ねたところ、「大変良い決定だと評価している」は29.2%、「どちらかといえば良い決定だと思っている」の48.3%との合計で8割近くが評価していた。

 「どちらかといえば悪い決定だと思っている」は0.8%、「間違った決定だと思う」も0.8%だった。一方「まだわからない」は20.8%と少なくなかった(図10)。



 昨年同様の調査では、「大変良い決定だと評価している」は21.6%、「どちらかといえば良い決定だと思っている」の46.9%との合計で7割近くが評価していた。今回、評価する人が増えていた。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女性医師に出会いを提供する「女医コン」とは Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:174
  2. 「資格を取得してから開業」のはずが… 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  3. 「患者への説明」に時間を充てすぎてはいけない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:588
  4. 80歳女性。意識障害 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  5. 僕らは40歳までに下らなければいけない 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:37
  6. 結核性脳脊髄膜炎で夭逝した中原中也 病と歴史への招待 FBシェア数:112
  7. 吐き気と微妙な心電図、先生の判断は? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:0
  8. 52歳男性。右顔面痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  10. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:769