2004.07.13

病院の三次元評価、医師の目、客の目、機構の目−−日経メディカルの特集

最新号表紙画像 日常の診療の中で重篤な疾患が疑われる患者に遭遇し、精査が必要と判断したとき、どういう医療機関をどんな基準で選択されているだろうか。医療技術が優れている、患者への接遇が丁寧である、安全管理体制やマニュアル類が整備されている−−。本誌は、経営情報誌『日経ビジネス』と共同で、病院の実力を「医師の技術評価」「患者の満足度」「病院機能の評価」の三次元から評価すべく大規模調査を行った。調査結果からは、病院に「現場重視型」「患者志向型」など4つのタイプがあることが浮かび上がった。それぞれの医療機関が個性を活かしつつ、どう長所を伸ばし欠点を補えばよいか、三次元評価には多くのヒントがある。

 日経メディカル7月号では、「病院の三次元評価、医師の目、客の目、機構の目」について特集しています。このほかの主な内容は下記の通り。

インタビュー
 オリコン・グループCEO/小池恒右氏
 『患者が決めた!いい病院』の狙いと反響
 地元の“赤ひげ先生”がスターに

トレンドビュー
・蚊アレルギーは白血病の前ぶれ
・多様化する高齢者の便秘の薬物療法
・「アトピー外用薬でリンパ腫」の真相
・公的医療保険揺るがす特定療養費制度
・COPD治療に長時間作用型抗コリン薬
・分子標的薬が癌治療の主役に

 詳しくは、日経メディカル7月号(7月10日発売)のトレンドビューをお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3