2004.07.13

FDAが胸部CT画像の読影で充実性肺結節の検出を助けるソフトウエアを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は7月12日、胸部CT(コンピュータ断層撮影)画像の読影で、充実性肺結節の検出を助けるソフトウエア、「ImageChecker CT CAD ソフトウエア・システム」を承認した。このシステムは、放射線科医が画像を読影した後に、充実性肺結節が疑われる部分を強調画像で示す仕組みになっている。そのため、医師が見逃した結節の疑われる部位を検出することが可能だという。

 治験では、15人の放射線科医が、90人のCT画像について、ImageCheckerをまず使わずに読影を行い、続いてImageCheckerを使って読影した。その結果、ImageCheckerを使った場合の方が、さらに詳しい検査を必要とする肺結節をより多く検出することができたという。

 同システムの製造元は、R2 Technology社(カリフォルニア州Sunnyvale)。

 詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:73
  2. 辛い食事で下痢するのは機能性腸疾患の証!? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:28
  3. 結婚や恋愛にパワーと時間はなかなか使えない Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:6
  4. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:88
  5. 「結婚は?」と聞かれるのは苦手 Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:12
  6. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:20
  7. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:10
  8. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:40
  9. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:26
  10. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:11