2004.07.13

FDAが胸部CT画像の読影で充実性肺結節の検出を助けるソフトウエアを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は7月12日、胸部CT(コンピュータ断層撮影)画像の読影で、充実性肺結節の検出を助けるソフトウエア、「ImageChecker CT CAD ソフトウエア・システム」を承認した。このシステムは、放射線科医が画像を読影した後に、充実性肺結節が疑われる部分を強調画像で示す仕組みになっている。そのため、医師が見逃した結節の疑われる部位を検出することが可能だという。

 治験では、15人の放射線科医が、90人のCT画像について、ImageCheckerをまず使わずに読影を行い、続いてImageCheckerを使って読影した。その結果、ImageCheckerを使った場合の方が、さらに詳しい検査を必要とする肺結節をより多く検出することができたという。

 同システムの製造元は、R2 Technology社(カリフォルニア州Sunnyvale)。

 詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「これって労災ですよね」 腰痛の職員が院長に要求 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:41
  2. 輸血拒否の患者に緊急輸血の必要が生じたら 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:4
  3. 90歳代女性。食欲低下、息切れ 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. 頭痛の問診を見れば医師の能力が分かる 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:56
  5. CKDガイドラインと整合性のあるJSH2019に 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム FBシェア数:52
  6. 術中に肉眼では分からない癌やリンパ節が光る リポート◎広がる蛍光ガイド手術 FBシェア数:104
  7. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法 FBシェア数:100
  8. 医院の開設工事に着手、地中から出てきたのは… 開業の落とし穴 FBシェア数:40
  9. 専門医資格をとるメリットが分かりません 医学生座談会◎新専門医制度って何がしたいの? FBシェア数:3
  10. 医師に落ち度のない「事故」をどう収めるか なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:43
医師と医学研究者におすすめの英文校正