2004.07.13

FDAが胸部CT画像の読影で充実性肺結節の検出を助けるソフトウエアを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は7月12日、胸部CT(コンピュータ断層撮影)画像の読影で、充実性肺結節の検出を助けるソフトウエア、「ImageChecker CT CAD ソフトウエア・システム」を承認した。このシステムは、放射線科医が画像を読影した後に、充実性肺結節が疑われる部分を強調画像で示す仕組みになっている。そのため、医師が見逃した結節の疑われる部位を検出することが可能だという。

 治験では、15人の放射線科医が、90人のCT画像について、ImageCheckerをまず使わずに読影を行い、続いてImageCheckerを使って読影した。その結果、ImageCheckerを使った場合の方が、さらに詳しい検査を必要とする肺結節をより多く検出することができたという。

 同システムの製造元は、R2 Technology社(カリフォルニア州Sunnyvale)。

 詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0