2004.07.12

日医の底力示した参議院議員選挙 「皆保険を守る」と西島英利氏

 7月11日に行われた参議院議員選挙で、日本医師連盟が推薦する、日本医師会常任理事の西島英利氏が25万を超える票を獲得して当選した。開票作業が始まってまもなく、西島氏が事務所に到着する前の20時20分前後には事務所に当選確実の連絡が入る速さだった。

 苦戦も伝えられていた今回の参議院選挙に対し、西島氏はまだほとんどの票が開いていない時点で、「全国を回った中で、口には出せなかったけれど、前回日本医師連盟が推薦し、22万7000票に留まった武見敬三氏の選挙の時とは雰囲気が違い、手ごたえを感じていた。私が医師であり、現場の人間であるということに加えて、『このままでは日本の医療が、がたがたになってしまう』ことを強く訴えてきたことが伝わったのではないか」と言い切った。日本医師会会長で、後援会会長の植松治雄氏も、選挙前々日に本誌の取材に対して、今回の選挙に対して強い自信を示していた。

 西島氏が今後強く訴えていくとするのは、公的医療保険制度の死守。公的保険を強固なものとすることで、必然的に株式会社の参入や混合診療の阻止は可能という考えだ。また、この4月の執行部の交代で何か変わったかとの質問に対して西島氏は、「選挙は日本医師会ではなく、各都道府県医師会が支えてくれるもの。今回は各都道府県医師会がしっかり支えてくれたということ」と語った。

 4月に日医新執行部が立ち上がり、十分な準備期間がないままに突入した今回の参議院議員選挙。新執行部はまずは大きな壁を一つ超えたと言えそうだ。(山崎大作、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95