2004.07.12

日医の底力示した参議院議員選挙 「皆保険を守る」と西島英利氏

 7月11日に行われた参議院議員選挙で、日本医師連盟が推薦する、日本医師会常任理事の西島英利氏が25万を超える票を獲得して当選した。開票作業が始まってまもなく、西島氏が事務所に到着する前の20時20分前後には事務所に当選確実の連絡が入る速さだった。

 苦戦も伝えられていた今回の参議院選挙に対し、西島氏はまだほとんどの票が開いていない時点で、「全国を回った中で、口には出せなかったけれど、前回日本医師連盟が推薦し、22万7000票に留まった武見敬三氏の選挙の時とは雰囲気が違い、手ごたえを感じていた。私が医師であり、現場の人間であるということに加えて、『このままでは日本の医療が、がたがたになってしまう』ことを強く訴えてきたことが伝わったのではないか」と言い切った。日本医師会会長で、後援会会長の植松治雄氏も、選挙前々日に本誌の取材に対して、今回の選挙に対して強い自信を示していた。

 西島氏が今後強く訴えていくとするのは、公的医療保険制度の死守。公的保険を強固なものとすることで、必然的に株式会社の参入や混合診療の阻止は可能という考えだ。また、この4月の執行部の交代で何か変わったかとの質問に対して西島氏は、「選挙は日本医師会ではなく、各都道府県医師会が支えてくれるもの。今回は各都道府県医師会がしっかり支えてくれたということ」と語った。

 4月に日医新執行部が立ち上がり、十分な準備期間がないままに突入した今回の参議院議員選挙。新執行部はまずは大きな壁を一つ超えたと言えそうだ。(山崎大作、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:24
  2. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:92
  4. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:22
  5. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:15
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:498
  7. インフル検査「陰性」こそ要注意 Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:163
  8. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:35
  9. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:74
  10. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正