2004.07.12

日医の底力示した参議院議員選挙 「皆保険を守る」と西島英利氏

 7月11日に行われた参議院議員選挙で、日本医師連盟が推薦する、日本医師会常任理事の西島英利氏が25万を超える票を獲得して当選した。開票作業が始まってまもなく、西島氏が事務所に到着する前の20時20分前後には事務所に当選確実の連絡が入る速さだった。

 苦戦も伝えられていた今回の参議院選挙に対し、西島氏はまだほとんどの票が開いていない時点で、「全国を回った中で、口には出せなかったけれど、前回日本医師連盟が推薦し、22万7000票に留まった武見敬三氏の選挙の時とは雰囲気が違い、手ごたえを感じていた。私が医師であり、現場の人間であるということに加えて、『このままでは日本の医療が、がたがたになってしまう』ことを強く訴えてきたことが伝わったのではないか」と言い切った。日本医師会会長で、後援会会長の植松治雄氏も、選挙前々日に本誌の取材に対して、今回の選挙に対して強い自信を示していた。

 西島氏が今後強く訴えていくとするのは、公的医療保険制度の死守。公的保険を強固なものとすることで、必然的に株式会社の参入や混合診療の阻止は可能という考えだ。また、この4月の執行部の交代で何か変わったかとの質問に対して西島氏は、「選挙は日本医師会ではなく、各都道府県医師会が支えてくれるもの。今回は各都道府県医師会がしっかり支えてくれたということ」と語った。

 4月に日医新執行部が立ち上がり、十分な準備期間がないままに突入した今回の参議院議員選挙。新執行部はまずは大きな壁を一つ超えたと言えそうだ。(山崎大作、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:67
  2. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:188
  3. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:136
  4. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:425
  5. 三十六回の手術の末 安楽死を選んだフロイト 病と歴史への招待 FBシェア数:137
  6. STEMをねらえ! Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:18
  7. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:19
  8. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:81
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:11
  10. インスリンポンプは胸の谷間に入れるもの!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:215