2004.07.12

松下エコ SARSウイルスや多種のアレルゲンを不活化する空気清浄機用フィルターを開発

 松下エコシステムズは7月8日、イヌ・ネコの上皮、カビなど多種類のアレルゲンを捕捉して不活化する機能性材料「スーパーアレルバスター」を開発したと発表した。今後、重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスなどを不活化できる緑茶カテキン成分を加えた空気清浄機用フィルターを開発し、製品に導入していく。多種類のアレルゲンやウイルスの不活化、抗菌性を実現する複数の薬剤を均一に分散し、安定化させてフィルター基材上に定着する複合化技術とコーティング技術に新規性がある。

 スーパーアレルバスターは、同社の従来品「アレルバスター」で実現していたダニと花粉のアレルゲン不活化機能に加え、イヌ・ネコの上皮とカビなどのアレルゲンに対する不活化を実現した。フィルターで捕捉したアレルゲンに材料内のフェノール系水酸基が付着して抗原抗体反応を起こりにくくすることでアレルギー反応を低減する。

 また、緑茶カテキンは、フィルターで捕捉したウイルスにコーティングされる状態になり、優れた抗ウイルス作用を発揮する。ヒト由来のSARSウイルスを緑茶カテキン含有フィルターと緑茶カテキンを含まないフィルターに6時間接触反応させ、反応後のウイルス液をアフリカミドリザルの腎継代細胞に加えたところ、緑茶カテキンを含まないフィルターではウイルス感染に特有の細胞変性が見られたが、カテキン含有フィルターに接触したウイルス液では同様の反応は見られなかったという。

 これらの機能について、松下エコシステムズでは、アレルゲンの不活化については英Edinburgh大学、SARSウイルスの不活化については中国の研究機関の協力を得て検証した。技術については2004年10月開催の日本防菌防黴学会で発表予定としている。

 松下エコシステムズのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13