2004.07.09

未成年の喫煙による補導が10年前の1.8倍、警察庁が対策強化 自動販売機の設置場所の再検討や管理徹底などを要請

 警察庁が未成年の喫煙防止対策を強化する。中高生の喫煙者の大半が自動販売機でたばこを入手しているのを重く見て、6月28日付けでたばこ関連業界に対し、自動販売機の設置場所の再検討や管理徹底などを要請する文書を送付し、併せて各都道府県警察にもたばこ小売業者などへの働きかけを強化するよう指示した。

 この対策強化は、日本がたばこ規制枠組み条約を締結したことを受けて実施するものだが、2003年中の喫煙による未成年者の補導が54万2214人と、10年前の1993年の30万4913人に対し、177.8%と激増していることが背景にある。これは、2003年中の補導総人数129万8568人の4割強を占める。補導人数は取り締まり体制の変更などによって増減する可能性があるので、いちがいには言えないが、たばこ会社による未成年喫煙防止キャンペーンが十分な効果を挙げていないことは明らかだ。

 補導された少年のうち、高校生が44.9%、中学生が13.0%、62.9%が路上で補導された。喫煙経験のある中高校生の7割が自動販売機でたばこを入手している(総務庁調べ)ことから、自動販売機による未成年者への販売防止に目を光らせることにしたもの。

 ただし、補導人数を見ても明らかなように、喫煙未成年者の補導取り締まりを強化してもきりがないのが現状だ。むしろ、たばこのパックや紙巻きたばこ自体にICタグなどをつけてトレーサビリティを確保し、未成年者がたばこを購入した自動販売機を設置した販売者を取り締まるといった新たな対策が必要なのではないだろうか。

 警察庁のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14