2004.07.09

FDAが医師の操作で冠動脈バイパス術を行うロボットを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は7月7日、胸骨切開術や開胸術による冠動脈バイパス術を、医師の操作に従って行うロボット、「Da Vinci Endoscopic Instrument Control System」を承認した。ロボットの“手首”をあやつることで、人間よりも巧妙な操作ができ、より複雑な動きを行ったり、手術道具をより正確にコントロールすることが可能になるという。

 このロボットには3つのアームがあり、色々な手術道具を操る仕組みになっている。外科医はハンドルと足ペダルを使い、コンピュータとビデオモニターを見ながらロボットに指示を出す。

 FDAのLester Crawford氏は、「今回、心臓に用いるこうしたシステムが開発されたことは、新たなロボット技術がいずれもたらすであろう、心臓外科診療現場の変化に向けた前進である」としている。

 同ロボットの製造元は、米Intuitive Surgical社(カリフォルニア州Mountain View)。なお、この手術用ロボットは既に、胆嚢手術や胃食道逆流疾患の手術などで活用しているという。

 詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180