2004.07.09

FDAが医師の操作で冠動脈バイパス術を行うロボットを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は7月7日、胸骨切開術や開胸術による冠動脈バイパス術を、医師の操作に従って行うロボット、「Da Vinci Endoscopic Instrument Control System」を承認した。ロボットの“手首”をあやつることで、人間よりも巧妙な操作ができ、より複雑な動きを行ったり、手術道具をより正確にコントロールすることが可能になるという。

 このロボットには3つのアームがあり、色々な手術道具を操る仕組みになっている。外科医はハンドルと足ペダルを使い、コンピュータとビデオモニターを見ながらロボットに指示を出す。

 FDAのLester Crawford氏は、「今回、心臓に用いるこうしたシステムが開発されたことは、新たなロボット技術がいずれもたらすであろう、心臓外科診療現場の変化に向けた前進である」としている。

 同ロボットの製造元は、米Intuitive Surgical社(カリフォルニア州Mountain View)。なお、この手術用ロボットは既に、胆嚢手術や胃食道逆流疾患の手術などで活用しているという。

 詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女性医師に出会いを提供する「女医コン」とは Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:174
  2. 「資格を取得してから開業」のはずが… 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  3. 「患者への説明」に時間を充てすぎてはいけない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:588
  4. 80歳女性。意識障害 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  5. 僕らは40歳までに下らなければいけない 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:37
  6. 結核性脳脊髄膜炎で夭逝した中原中也 病と歴史への招待 FBシェア数:112
  7. 吐き気と微妙な心電図、先生の判断は? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:0
  8. 52歳男性。右顔面痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  10. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:769