2004.07.09

FDAが医師の操作で冠動脈バイパス術を行うロボットを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は7月7日、胸骨切開術や開胸術による冠動脈バイパス術を、医師の操作に従って行うロボット、「Da Vinci Endoscopic Instrument Control System」を承認した。ロボットの“手首”をあやつることで、人間よりも巧妙な操作ができ、より複雑な動きを行ったり、手術道具をより正確にコントロールすることが可能になるという。

 このロボットには3つのアームがあり、色々な手術道具を操る仕組みになっている。外科医はハンドルと足ペダルを使い、コンピュータとビデオモニターを見ながらロボットに指示を出す。

 FDAのLester Crawford氏は、「今回、心臓に用いるこうしたシステムが開発されたことは、新たなロボット技術がいずれもたらすであろう、心臓外科診療現場の変化に向けた前進である」としている。

 同ロボットの製造元は、米Intuitive Surgical社(カリフォルニア州Mountain View)。なお、この手術用ロボットは既に、胆嚢手術や胃食道逆流疾患の手術などで活用しているという。

 詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:367
  2. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:8
  3. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:232
  4. 小型植え込み心電計が小型すぎてヤバい 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:226
  5. 意識の高い大学は新「大学入学共通テスト」をどう見… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:2
  6. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:10
  7. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:6
  8. 低体重者のOGTT、血糖上昇は生理的反応を含む 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:2
  9. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:10
  10. ペレックスの指導で垣間見た指導官の思い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:26