2004.07.09

クロルタリドンと他のサイアザイド系利尿薬の心血管系イベント抑制作用は同等

 米国高血圧ガイドライン(JNC 7)は、特定の合併症を持たない高血圧に対して、「たいていの場合、利尿薬が第一選択」として多くの議論を呼んだ。そのh一つは「クロルタリドンで得られたデータを他の降圧利尿薬に当てはめられるのか」というものだ。JNC 7にはALLHATの結果が大きく反映されているが、ALLHATで有用性が明らかになったのはクロルタリドンであり、他の降圧利尿薬は検討されていない。

 米国医師会雑誌のJournal of American Medical Association(JAMA)2004年7月7日号には、米Washington大学のBruce M. Psaty氏と米Wake Forest大学のKurt Furberg氏がResearch Letterとして報告した「クロルタリドン対他の降圧利尿薬」のメタ解析が掲載されている。基本的に有用性は同等だということだ。

 両氏は、心血管イベント抑制作用を検討した5試験(計1万5086症例)のうち、クロルタリドンを対象としたSHEPなど2試験(3報告)と、クロルタリドン以外の低用量利尿薬を対象としたEWPHEなど3試験について、それぞれ対照群に対する相対リスクを求めた。次に、この2つの相対リスクの比を計算して、クロルタリドン群と他の低用量利尿薬群の比較を試みた。

 その結果、両群の相対リスクの比は、冠動脈イベントが1.03(95%信頼区間:0.71〜1.48)、脳卒中が0.90(0.70〜1.17)、心血管系イベントが0.92(0.76〜1.11)、心血管系死亡が1.01(0.74〜1.39)、総死亡が0.98(0.79〜1.21)−−で、いずれも有意差はなかった。

 本研究はALLHATに向けられた疑問の一つに答えるものだ。ALLHAT研究者らはALLHATに向けられた多くの疑問に回答するサブ解析を随時学会発表しており(多くは文献になっていない)、利尿薬による心不全抑制効果がCa拮抗薬やACE阻害薬より優れているのはほぼ確実となっている。

 本研究の原題は、「Meta-analysis of Health Outcomes of Chlorthalidone-Based vs Nonchlorthalidone-Based Low-Dose Diuretic Therapies」。アブストラクトはないが、冒頭部分はこちらで閲覧することができる。
(宇津貴史、医学レポーター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3