2004.07.08

キヤノン、デジタル撮影専用の散瞳型眼底カメラを発売

 キヤノンは7月2日、有効画素数1110万画素と高解像度の散瞳型デジタル眼底カメラ「CF-60DSi」を発売した。別売の2台のデジタルカメラを装着して使用する方式で、カラー撮影、蛍光撮影、ICG撮影の3モードに対応している。新たに開発した専用の制御ソフトにより、通常のパソコンから患者情報の入力や撮影モードの切り替えが可能。出力は医用画像の標準規格であるDICOMに対応しているため、病院情報システムや遠隔診断システムへの接続が容易に実現できる。価格は450万円。

 装着するデジタルカメラとしては同社の市販最上位機種である「EOS-1Ds」を用いる。ICG撮影には、EOS-1Dsに加えて8月発売予定のICGカメラとICGカメラアダプターが必要となる。ICGカメラの解像度は145万画素で、同じ価格帯の製品の中ではトップクラスだという。

 本体の外形寸法は幅320×奥行き560×高さ565mm、重さは27kg。別筐体のパワーコントローラーは幅225×奥行き380×高さ490mm、重さは27kg。

 製品のプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)

注)蛍光撮影は血管内に蛍光色素を注入して眼底を撮影する方式。ICG撮影は蛍光色素を血管内に注入し、脈絡膜を近赤外光で撮影する方式で、動画と静止画を撮影できる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:29
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:470
  5. 8歳男児。主訴:血尿の精査 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. 常に良き観察者たれ!見えないものに目を向けろ 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:113
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1
  9. 注射器片手に「HIV陽性よ!」と叫ぶ患者 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:2
  10. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:150