2004.07.08

キヤノン、デジタル撮影専用の散瞳型眼底カメラを発売

 キヤノンは7月2日、有効画素数1110万画素と高解像度の散瞳型デジタル眼底カメラ「CF-60DSi」を発売した。別売の2台のデジタルカメラを装着して使用する方式で、カラー撮影、蛍光撮影、ICG撮影の3モードに対応している。新たに開発した専用の制御ソフトにより、通常のパソコンから患者情報の入力や撮影モードの切り替えが可能。出力は医用画像の標準規格であるDICOMに対応しているため、病院情報システムや遠隔診断システムへの接続が容易に実現できる。価格は450万円。

 装着するデジタルカメラとしては同社の市販最上位機種である「EOS-1Ds」を用いる。ICG撮影には、EOS-1Dsに加えて8月発売予定のICGカメラとICGカメラアダプターが必要となる。ICGカメラの解像度は145万画素で、同じ価格帯の製品の中ではトップクラスだという。

 本体の外形寸法は幅320×奥行き560×高さ565mm、重さは27kg。別筐体のパワーコントローラーは幅225×奥行き380×高さ490mm、重さは27kg。

 製品のプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)

注)蛍光撮影は血管内に蛍光色素を注入して眼底を撮影する方式。ICG撮影は蛍光色素を血管内に注入し、脈絡膜を近赤外光で撮影する方式で、動画と静止画を撮影できる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ
  2. キャリアチェンジは成功だった?失敗だった? 医師1000人に聞きました FBシェア数:2
  3. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1840
  4. 見落としていませんか、先端巨大症 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:38
  5. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:153
  6. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:105
  7. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:10
  9. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  10. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:423