2004.07.08

キヤノン、デジタル撮影専用の散瞳型眼底カメラを発売

 キヤノンは7月2日、有効画素数1110万画素と高解像度の散瞳型デジタル眼底カメラ「CF-60DSi」を発売した。別売の2台のデジタルカメラを装着して使用する方式で、カラー撮影、蛍光撮影、ICG撮影の3モードに対応している。新たに開発した専用の制御ソフトにより、通常のパソコンから患者情報の入力や撮影モードの切り替えが可能。出力は医用画像の標準規格であるDICOMに対応しているため、病院情報システムや遠隔診断システムへの接続が容易に実現できる。価格は450万円。

 装着するデジタルカメラとしては同社の市販最上位機種である「EOS-1Ds」を用いる。ICG撮影には、EOS-1Dsに加えて8月発売予定のICGカメラとICGカメラアダプターが必要となる。ICGカメラの解像度は145万画素で、同じ価格帯の製品の中ではトップクラスだという。

 本体の外形寸法は幅320×奥行き560×高さ565mm、重さは27kg。別筐体のパワーコントローラーは幅225×奥行き380×高さ490mm、重さは27kg。

 製品のプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)

注)蛍光撮影は血管内に蛍光色素を注入して眼底を撮影する方式。ICG撮影は蛍光色素を血管内に注入し、脈絡膜を近赤外光で撮影する方式で、動画と静止画を撮影できる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:60
  2. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:119
  3. 80歳代女性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  6. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:3
  7. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:80
  8. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:40
  9. 集約化を進めれば地域の産科医療は崩壊する シリーズ◎産科診療所での無痛分娩は是か非か FBシェア数:57
  10. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:179