2004.07.07

オリンパス、北京に内視鏡、生物顕微鏡の販売・サービス子会社を設立

 オリンパスは7月6日、今後、市場拡大が見込まれる中国市場で医療用の内視鏡や光学顕微鏡の拡販を図るため、販売・サービス子会社「奥林巴斯(北京)銷售服務有限公司」を設立、7月1日から業務を開始したと発表した。従来、40年間にわたって現地の販売代理店を通して販売・サービス活動を行ってきたが、今後の需要拡大に備え、同社が直接、販売、マーケティング、修理などのサービスを提供する体制を整えるもの。当初は従業員400人、24拠点の規模で出発し、2006年度には2003年度の4倍超に当たる約220億円の売り上げを目指す。

 オリンパスのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466