2004.07.07

オリンパス、北京に内視鏡、生物顕微鏡の販売・サービス子会社を設立

 オリンパスは7月6日、今後、市場拡大が見込まれる中国市場で医療用の内視鏡や光学顕微鏡の拡販を図るため、販売・サービス子会社「奥林巴斯(北京)銷售服務有限公司」を設立、7月1日から業務を開始したと発表した。従来、40年間にわたって現地の販売代理店を通して販売・サービス活動を行ってきたが、今後の需要拡大に備え、同社が直接、販売、マーケティング、修理などのサービスを提供する体制を整えるもの。当初は従業員400人、24拠点の規模で出発し、2006年度には2003年度の4倍超に当たる約220億円の売り上げを目指す。

 オリンパスのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:174
  2. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:39
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:48
  4. 67歳女性。右大腿の単発性赤褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 地裁が「パワハラで解雇は無効」 群馬大医学系研究科教授の懲戒解雇処分 FBシェア数:5
  6. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:80
  7. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:47
  8. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  9. 事業譲渡を迫る厚労省に翻弄される化血研 記者の眼 FBシェア数:0
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:44