2004.07.07

タカラバイオ、米国立癌研に悪性黒色腫の遺伝子治療用基材を供給

 タカラバイオは米国国立癌研究所(NCI)が実施する転移性悪性黒色腫を対象とした遺伝子治療の臨床試験に、遺伝子導入を効率化する組み替えたんぱく質「レトロネクチン」を供給すると発表した。

 レトロネクチンを利用する遺伝子治療法は、T細胞受容体遺伝子治療(TCR Gene Therapy)と呼ばれる方式を用いる。腫瘍組織に集積している癌患者自身の腫瘍浸潤リンパ球(TIL)、または末梢血リンパ球(PBL)を採取し、これに患者の腫瘍抗原を認識できるTCR遺伝子を導入する。これにより、リンパ球が腫瘍抗原を提示する癌細胞を特異的に攻撃し、癌細胞を消滅させるというもの。

 この治療法で遺伝子導入を行う際、レトロネクチンを用いる。レトロネクチンはヒトフィブロネクチン分子中のウイルス結合部位と細胞結合部位に相当する領域などから成る分子量約6万3000の組み替えたんぱく質で、標的細胞とレトロウイルスの両者に対して特異的相互作用を持ち、遺伝子導入効率を高めることができる。

 米NCIで試験中の本治療法は様々な癌抗原を認識する遺伝子をリンパ球に導入できるため、他の種類の癌に対する抗腫瘍効果が得られると期待されているという。

 プレスリリースはこちらのWebサイトを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 52歳男性。右顔面痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:149
  4. 内視鏡検査をAIで支援、悪性度も瞬時に判定 リポート◎AIが変える大腸内視鏡検査 FBシェア数:216
  5. 「患者への説明」に時間を充てすぎてはいけない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:628
  6. 10歳男児。咽頭違和感、全身掻痒感、呼吸困難 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  7. 抗菌薬の適正使用が最も進んでいる診療科は? 医師1000人に聞きました FBシェア数:47
  8. シンギュラリティ後を見越し、子どもをどう育てる?… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:4
  9. 医師の理想的なキャリアプランとは 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:143
  10. 今さら聞けない低血糖患者への対処法 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:102