2004.07.06

【日本睡眠学会速報】 便秘や過敏性症候群の女性は、睡眠が「不健康」でありがち

 首都圏の成人女性を対象にした実態調査で、便通状態が睡眠に何らかの影響を与えていることが分かった。特に、若年層では過敏性腸症候群と、中高年齢層では機能性便秘と関係している可能性が高いという。7月1日のポスターセッションで、花王の小野茂之氏らが発表した。

 研究グループは、首都圏在住の25〜64歳の女性で、日勤者および専業主婦のそれぞれでランダムにサンプリングし、研究への参加同意を得た上で、睡眠と便通状態に関するアンケート調査を実施した(自己申告法、2000通を配送、回収率99.4%)。

 調査は2002年12月第1週目に中高年女性を対象に、2003年6月第1週目に若年女性を対象に行った。

 便秘状態の評価は、ローマ基準IIに準拠した。なお、回収後に、記入漏れがあったデータは除外し、現在治療中の病気が調査時の体調に影響を与えると推定された人および直接便通状態に影響するため連日の飲酒習慣がある人については、それぞれデータを除外している。

 解析対象は総数で1602人。年齢層別では、25〜34歳が368人、35〜44歳は349人、45〜54歳は574人、55〜64歳は311人だった。

 睡眠状態の評価は、睡眠健康危険度調査(白川修一郎ら、1996)により行った。睡眠健康調査は、1.睡眠維持障害関連因子、2.睡眠随伴症状関連因子、3.睡眠時無呼吸関連因子、4.起床困難関連因子、5.入眠障害関連因子、さらに、この各因子の合計得点を睡眠健康危険度得点とし、総合的な睡眠健康の良否について検討するもの。

 結果については、コントロール群、機能性便秘群、過敏性腸症候群の3つのグループで検討を加えた。

 それによると、全年齢層をまとめた解析では、対照群に比べ、機能性便秘群(p<0.01)および過敏性大腸症候群(p<0.001)で睡眠健康危険度が有意に悪化していた。

 年齢層別では、25〜34歳では過敏性大腸症候群(p<0.01)で、35〜44歳では機能性便秘および過敏性大腸症候群(ともにp<0.05)で、45〜54歳では機能性便秘(p<0.05)および過敏性大腸症候群(p<0.001)で、それぞれ睡眠健康危険度が有意に悪化していた。55〜64歳では機能性便秘で有意に悪化していた(p<0.05)。

 これらの結果を踏まえ小野氏らは、便秘状態と睡眠とは関係しており、便通状態からの検討も睡眠状態の改善を図る上で新たな検討要因になりうると考察している。(三和護)

 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正