2004.07.06

【日本睡眠学会速報】 便秘や過敏性症候群の女性は、睡眠が「不健康」でありがち

 首都圏の成人女性を対象にした実態調査で、便通状態が睡眠に何らかの影響を与えていることが分かった。特に、若年層では過敏性腸症候群と、中高年齢層では機能性便秘と関係している可能性が高いという。7月1日のポスターセッションで、花王の小野茂之氏らが発表した。

 研究グループは、首都圏在住の25〜64歳の女性で、日勤者および専業主婦のそれぞれでランダムにサンプリングし、研究への参加同意を得た上で、睡眠と便通状態に関するアンケート調査を実施した(自己申告法、2000通を配送、回収率99.4%)。

 調査は2002年12月第1週目に中高年女性を対象に、2003年6月第1週目に若年女性を対象に行った。

 便秘状態の評価は、ローマ基準IIに準拠した。なお、回収後に、記入漏れがあったデータは除外し、現在治療中の病気が調査時の体調に影響を与えると推定された人および直接便通状態に影響するため連日の飲酒習慣がある人については、それぞれデータを除外している。

 解析対象は総数で1602人。年齢層別では、25〜34歳が368人、35〜44歳は349人、45〜54歳は574人、55〜64歳は311人だった。

 睡眠状態の評価は、睡眠健康危険度調査(白川修一郎ら、1996)により行った。睡眠健康調査は、1.睡眠維持障害関連因子、2.睡眠随伴症状関連因子、3.睡眠時無呼吸関連因子、4.起床困難関連因子、5.入眠障害関連因子、さらに、この各因子の合計得点を睡眠健康危険度得点とし、総合的な睡眠健康の良否について検討するもの。

 結果については、コントロール群、機能性便秘群、過敏性腸症候群の3つのグループで検討を加えた。

 それによると、全年齢層をまとめた解析では、対照群に比べ、機能性便秘群(p<0.01)および過敏性大腸症候群(p<0.001)で睡眠健康危険度が有意に悪化していた。

 年齢層別では、25〜34歳では過敏性大腸症候群(p<0.01)で、35〜44歳では機能性便秘および過敏性大腸症候群(ともにp<0.05)で、45〜54歳では機能性便秘(p<0.05)および過敏性大腸症候群(p<0.001)で、それぞれ睡眠健康危険度が有意に悪化していた。55〜64歳では機能性便秘で有意に悪化していた(p<0.05)。

 これらの結果を踏まえ小野氏らは、便秘状態と睡眠とは関係しており、便通状態からの検討も睡眠状態の改善を図る上で新たな検討要因になりうると考察している。(三和護)

 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:148
  3. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:211
  4. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  5. 訪日外国人が突いた医療保険制度の隙 記者の眼 FBシェア数:221
  6. 成人敗血症患者に対する解熱治療は死亡率を低下させ… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:68
  7. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:21
  8. 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題 FBシェア数:62
  9. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:599
  10. 「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意は 家族支援CNSの「家族対応」お悩み相談 FBシェア数:19