2004.07.06

【日本睡眠学会速報】 いびきと肋間神経痛に深い関係、無呼吸が肋間神経炎伴う背部痛を起こす可能性

 いびきと肋間神経炎痛の合併例が多いだけでなく、いびきの治療で肋間神経炎痛の症状が軽快する例もあることから、いびきが肋間神経炎を伴う背部痛を起こす可能性が高いことが分かった。北福島医療センターの佐藤欣也氏らが7月1日のポスターセッションで発表した。

 佐藤氏らは、来院する肋間神経痛の患者の中にいびきをかく人が多いことから、その関連性や治療方法などを検討した。まず質問紙法で、肋間神経痛に伴う上腕への放散痛の出現率を後ろ向き研究にて調査した。対象はいびきを伴っていた外来患者118人。

 解析は、2×2分割表で無呼吸低呼吸の有無と肋間神経痛の有無の関連性を検討した(表参照)。

 その結果、いびきを伴う外来患者118人のうちAHI(睡眠1時間当たりの無呼吸と低呼吸の合計回数である無呼吸低呼吸指数)5以上は87人で、73%と高率だった。また、87人のうち肋間神経痛があったのは55人で、63%と高かった。その55人では、高率に閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)に合併する傾向が見られたという。

 解析の結果、いびきを伴う患者では、無呼吸低呼吸(AHIが5以上)の有無と、肋間神経痛の有無には関連性があることが分かった。

 また、治療方法は、肋間神経痛がありAHIが5以上の55人を対象に、肋間神経ブロックだけで加療しているグループとブロックにマウスピースや持続陽圧呼吸療法などで呼吸補助をしたグループに分け、治療効果を比較検討した。

 以下の治療予後判定により、治療効果を比較したところ、持続陽圧呼吸療法併用群が1.9±0.1(p<0.05)と良好だった。

・2点;症状消失または軽度残存で日常生活に支障がなく、ブロック療法が必要ないもの
・1点;症状中等度残存で症増悪のみ通院しブロックを必要とする
・0点;症状不変で日常生活に支障をきたすもの

 これらの結果から、佐藤氏らは、無呼吸と肋間神経炎痛の合併例の割合が高く、無呼吸治療を加えることで症状が軽快したことから、無呼吸が肋間神経炎を伴った背部痛を起こす可能性が高いことが示唆されると結論付けた。
(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 小児喘息へのツロブテロール貼付剤は2週間まで 解説◎5年ぶり改訂の小児喘息ガイドライン、どこが変わった? FBシェア数:31
  2. 2040年に増える科、減る科 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  3. 臨床研究の「厳格化」にどう立ち向かうか ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:21
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:107
  5. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:668
  7. 「ママのお腹の中に戻って女の子に生まれ直したい」… 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:6
  8. 仕事が遅い新人看護師、時間外労働の限度は? ナースのためのアモーレ労働相談 FBシェア数:14
  9. 「転んだ後に腰が痛い」を映像化して見えたもの 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:3
  10. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
医師と医学研究者におすすめの英文校正