2004.07.06

国際たばこ規制枠組み条約の署名は168カ国・地域 成立にはあと17カ国の批准が必要

 世界保健機関(WHO)は7月2日、国際たばこ規制枠組み条約(FCTC:Framework Convention on Tobacco Control)の署名を6月29日で締め切ったと発表した。署名総数は総国家数の90%近いWHO加盟167カ国と欧州連合(EU)の計168に達したが、国際条約としての発効に必要な40カ国の批准・承認は得られず、6割弱の23カ国にとどまった。WHOは今後、署名国に対して批准・承認を働きかけ、2004年内の成立を目指す。

 本条約は2004年5月のWHO総会で可決されたもので、たばこの価格と税額の値上げ、たばこ会社による広告と資金提供の規制、不正貿易の国際的監視などを目的としている。40カ国の承認・批准が得られれば90日後に発効する。

 現在の批准国で人口1000万人を超える有力先進国は今のところ日本だけ。数だけ集めて成立に持ち込むことも不可能ではなさそうだが、たばこ規制に熱心とされるカナダやEU当初加盟15カ国などの批准・承認を得ることが条約の実効を確保するうえでは不可欠と言ってよいだろう。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1