2004.07.06

国際たばこ規制枠組み条約の署名は168カ国・地域 成立にはあと17カ国の批准が必要

 世界保健機関(WHO)は7月2日、国際たばこ規制枠組み条約(FCTC:Framework Convention on Tobacco Control)の署名を6月29日で締め切ったと発表した。署名総数は総国家数の90%近いWHO加盟167カ国と欧州連合(EU)の計168に達したが、国際条約としての発効に必要な40カ国の批准・承認は得られず、6割弱の23カ国にとどまった。WHOは今後、署名国に対して批准・承認を働きかけ、2004年内の成立を目指す。

 本条約は2004年5月のWHO総会で可決されたもので、たばこの価格と税額の値上げ、たばこ会社による広告と資金提供の規制、不正貿易の国際的監視などを目的としている。40カ国の承認・批准が得られれば90日後に発効する。

 現在の批准国で人口1000万人を超える有力先進国は今のところ日本だけ。数だけ集めて成立に持ち込むことも不可能ではなさそうだが、たばこ規制に熱心とされるカナダやEU当初加盟15カ国などの批准・承認を得ることが条約の実効を確保するうえでは不可欠と言ってよいだろう。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0
  2. 定量的輸液の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:15
  3. セクシー男優の疑問を感染症医がずばり解決 Cadetto通信 FBシェア数:847
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:569
  5. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:25
  6. 「見捨てられ感」を払拭する二人主治医制 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」 FBシェア数:197
  7. 「外科をあなたに任せたい」が移籍の決め手に ルポ:50代の転職(2)◎勤務先の経営者交代により退職を決意 FBシェア数:91
  8. 百日咳、定点から全数把握へ変更、来年1月から 成人含む百日咳患者の発生動向を正確に把握 FBシェア数:95
  9. ピュアに働くほど「やりがい搾取」されるんだよ 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:2
  10. 「点滴は30分ほどで終わります。先にお手洗いに行… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:0