2004.07.05

日医と四病協が定期協議へ、7月から隔月で開催

 日本医師会と四病院団体協議会が、この7月から、2カ月に1度のペースで定期的に協議を始めることが明らかになった。7月2日に開催された第54回日本病院学会のシンポジウムの席上で、全日本病院協会会長の佐々英達氏が公表した。

四病協に加盟しているのは、全日病のほか、日本医療法人協会、日本精神科病院協会、日本病院会。日本医師会の病院担当副会長の寺岡暉氏や担当常任理事と、これらの病院団体の幹部が会合を持ち、お互いに情報をやりとりし意見を交換していく。

 シンポジウムに参加していた日医の植松治雄会長は、「担当役員に腹を割った話し合いをするように言った。2006年の診療報酬改定で、(定期協議を)やってよかったという結果を残せるようにしたい」と、期待を表明している。  

 現在、診療報酬の決定の場である中央社会保険医療協議会には、日本医師会の推薦という形で全日病会長の佐々氏が参加しているが、病院団体の代表として参加している委員はいない。これに象徴されるように、病院団体側には、自分たちの意見が厚生行政に反映されにくいという不満がかねてからあった。  

 診療所経営者が会員の多数を占める日医との定期協議の開催で、病院団体の意見がどれだけ汲み上げられるようになるか注目される。
(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ
  2. キャリアチェンジは成功だった?失敗だった? 医師1000人に聞きました FBシェア数:2
  3. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1840
  4. 見落としていませんか、先端巨大症 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:38
  5. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:153
  6. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:105
  7. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:10
  9. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  10. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:423