2004.07.05

日医と四病協が定期協議へ、7月から隔月で開催

 日本医師会と四病院団体協議会が、この7月から、2カ月に1度のペースで定期的に協議を始めることが明らかになった。7月2日に開催された第54回日本病院学会のシンポジウムの席上で、全日本病院協会会長の佐々英達氏が公表した。

四病協に加盟しているのは、全日病のほか、日本医療法人協会、日本精神科病院協会、日本病院会。日本医師会の病院担当副会長の寺岡暉氏や担当常任理事と、これらの病院団体の幹部が会合を持ち、お互いに情報をやりとりし意見を交換していく。

 シンポジウムに参加していた日医の植松治雄会長は、「担当役員に腹を割った話し合いをするように言った。2006年の診療報酬改定で、(定期協議を)やってよかったという結果を残せるようにしたい」と、期待を表明している。  

 現在、診療報酬の決定の場である中央社会保険医療協議会には、日本医師会の推薦という形で全日病会長の佐々氏が参加しているが、病院団体の代表として参加している委員はいない。これに象徴されるように、病院団体側には、自分たちの意見が厚生行政に反映されにくいという不満がかねてからあった。  

 診療所経営者が会員の多数を占める日医との定期協議の開催で、病院団体の意見がどれだけ汲み上げられるようになるか注目される。
(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専門医制度も働き方改革も、好きにしてくださいな(… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:99
  2. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:85
  3. カンマの打ち方で意味が全く変わりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:20
  4. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:53
  5. 医療事故調の院内調査に弁護士の介入は要らない シリーズ◎どうする医療事故調制度 FBシェア数:33
  6. 心筋梗塞患者のせん妄治療に何を使う? BMJ誌から FBシェア数:160
  7. 血液ガス生理のバイブル 医学書ソムリエ FBシェア数:6
  8. 急性膵炎 動画で学ぶ腹部エコー診療の実際 FBシェア数:8
  9. 腹腔鏡ではなくロボット手術でお願いします 記者の眼 FBシェア数:24
  10. 胸部CTの読影では肺外にも注意する 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:16
医師と医学研究者におすすめの英文校正