2004.07.02

広がる在宅専門診療所、中には悪質なケースも

 診療所の経営環境が厳しくなる中で、在宅医療に特化して開業する医師が増え始めている。在宅医療のメリットは、診療所の設備投資がほとんど必要なく、開業資金が少ない点にある。しかも、患者一人当たりのレセプトの単価が高いため、経営が軌道に乗りやすい。そのため、地域医療に取り組みたいと考える若手医師が、在宅専門で開業するケースが増えている(詳しくは「日経ヘルスケア21」7月号、55ページのリポート記事「増える在宅専門診療所 その成功のポイント」を参照)。

 しかし、中にはこうしたメリットを逆手に取る悪質な在宅医療専門医もいるようだ。「在宅医療=財テク医療」などと公言する医師もいるという。例えば、症状が軽度な高齢者宅ばかりを訪問し、1回の訪問で2〜3分診療して異常がないことを確かめると患者の話も十分に聞かずに次の診療に向かう。こうして1日20〜30軒の患者宅を訪問する。

 ある在宅専門医は「じっくり患者さん一人ひとりの診療をしようと思えば、1日10〜15軒程度が普通だ。20〜30軒というのは、雑に診療しているとしか思えない。こうした在宅専門医が増えると、在?纓テ全体のイメージが悪化してしまう」と苦言を呈す。

 在宅医療では患者やその家族とのコミュニケーションが密になる分、医療の質に対する評価は厳しくなる。いい加減な診療を続けていれば、患者は確実に
離れていく。今後、在宅専門の診療所が広がって競争が激化すれば、悪質な在宅専門医は淘汰されていくだろう。(久保俊介、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48