2004.07.02

広がる在宅専門診療所、中には悪質なケースも

 診療所の経営環境が厳しくなる中で、在宅医療に特化して開業する医師が増え始めている。在宅医療のメリットは、診療所の設備投資がほとんど必要なく、開業資金が少ない点にある。しかも、患者一人当たりのレセプトの単価が高いため、経営が軌道に乗りやすい。そのため、地域医療に取り組みたいと考える若手医師が、在宅専門で開業するケースが増えている(詳しくは「日経ヘルスケア21」7月号、55ページのリポート記事「増える在宅専門診療所 その成功のポイント」を参照)。

 しかし、中にはこうしたメリットを逆手に取る悪質な在宅医療専門医もいるようだ。「在宅医療=財テク医療」などと公言する医師もいるという。例えば、症状が軽度な高齢者宅ばかりを訪問し、1回の訪問で2〜3分診療して異常がないことを確かめると患者の話も十分に聞かずに次の診療に向かう。こうして1日20〜30軒の患者宅を訪問する。

 ある在宅専門医は「じっくり患者さん一人ひとりの診療をしようと思えば、1日10〜15軒程度が普通だ。20〜30軒というのは、雑に診療しているとしか思えない。こうした在宅専門医が増えると、在?纓テ全体のイメージが悪化してしまう」と苦言を呈す。

 在宅医療では患者やその家族とのコミュニケーションが密になる分、医療の質に対する評価は厳しくなる。いい加減な診療を続けていれば、患者は確実に
離れていく。今後、在宅専門の診療所が広がって競争が激化すれば、悪質な在宅専門医は淘汰されていくだろう。(久保俊介、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正