2004.07.02

米国来シーズンのインフルエンザ・ワクチンはニューカレドニア、フュージアンとシャンハイ株の組み合わせ

 米国2004〜05シーズンのインフルエンザ・ワクチンの配合株は、ニューカレドニア(A型、H1N1)、フュージアン(A型、H3N2)とシャンハイ(B型)株の組み合わせに決まった。これは、CDCが毎週発行する「Morbidity and Mortality Weekly Report」7月2日号で公表したもの。

 同レポート内ではまた、2003〜04インフルエンザ・シーズンについて、米国をはじめ世界で流行したインフルエンザ・ウィルス株の種類などについて詳しく報告している。

 それによると、米国では、昨年10月から今年6月15日までに特定した1024のインフルエンザ・ウィルスのうち、949がインフルエンザA(H3N2)ウイルスだった。そのうち106(11.6%)が、ワクチンに含まれるパナマ株(H3N2)と似たもので、残りの843(88.8%)が、連続変異後のフュージアン(H3N2)株だったという。

 詳しくは、同レポートまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25