2004.07.02

米国来シーズンのインフルエンザ・ワクチンはニューカレドニア、フュージアンとシャンハイ株の組み合わせ

 米国2004〜05シーズンのインフルエンザ・ワクチンの配合株は、ニューカレドニア(A型、H1N1)、フュージアン(A型、H3N2)とシャンハイ(B型)株の組み合わせに決まった。これは、CDCが毎週発行する「Morbidity and Mortality Weekly Report」7月2日号で公表したもの。

 同レポート内ではまた、2003〜04インフルエンザ・シーズンについて、米国をはじめ世界で流行したインフルエンザ・ウィルス株の種類などについて詳しく報告している。

 それによると、米国では、昨年10月から今年6月15日までに特定した1024のインフルエンザ・ウィルスのうち、949がインフルエンザA(H3N2)ウイルスだった。そのうち106(11.6%)が、ワクチンに含まれるパナマ株(H3N2)と似たもので、残りの843(88.8%)が、連続変異後のフュージアン(H3N2)株だったという。

 詳しくは、同レポートまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急