2004.07.02

米国来シーズンのインフルエンザ・ワクチンはニューカレドニア、フュージアンとシャンハイ株の組み合わせ

 米国2004〜05シーズンのインフルエンザ・ワクチンの配合株は、ニューカレドニア(A型、H1N1)、フュージアン(A型、H3N2)とシャンハイ(B型)株の組み合わせに決まった。これは、CDCが毎週発行する「Morbidity and Mortality Weekly Report」7月2日号で公表したもの。

 同レポート内ではまた、2003〜04インフルエンザ・シーズンについて、米国をはじめ世界で流行したインフルエンザ・ウィルス株の種類などについて詳しく報告している。

 それによると、米国では、昨年10月から今年6月15日までに特定した1024のインフルエンザ・ウィルスのうち、949がインフルエンザA(H3N2)ウイルスだった。そのうち106(11.6%)が、ワクチンに含まれるパナマ株(H3N2)と似たもので、残りの843(88.8%)が、連続変異後のフュージアン(H3N2)株だったという。

 詳しくは、同レポートまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:73
  2. 辛い食事で下痢するのは機能性腸疾患の証!? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:28
  3. 結婚や恋愛にパワーと時間はなかなか使えない Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:6
  4. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:88
  5. 「結婚は?」と聞かれるのは苦手 Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:12
  6. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:20
  7. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:10
  8. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:40
  9. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:26
  10. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:11