2004.07.02

米国で癌生存者数が980万人に、過去30年間で着実に増加

 米国疾病対策センター(CDC)はこのほど、米国で癌の診断を受け、生存している人の総数は過去30年間着実に増え続け、980万人になったこと公表した。これは、CDCが毎週発行するレポート、「Morbidity and Mortality Weekly Report, “Cancer Survivorship ? United States, 1971 ? 2001」の中で報告したもの。
同レポートは、以下のようなデータを盛り込んでいる。1.癌の診断を受けた成人の64%が、その後5年間生存している、2.癌生存者のうち、最も多いのは乳癌(22%)、次いで前立腺癌(17%)、3番目は大腸癌(11%)である、3.癌生存者の61%が65歳以上である、4.65歳以上の約6人に1人が癌生存者である、5.子供の癌生存者のうち79%が、診断を受けてから5年間生存し、75%近くが10年間生存する−−。

 CDCのDr. Loria Pollack氏は、同レポートは、癌生存者とその家族に対し、健康上のサポートや、社会的、精神的、また経済的な安定を確保することがますます重要になってきていることを示している、としている。

 詳しくは、同レポートまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127