2004.07.02

米国で癌生存者数が980万人に、過去30年間で着実に増加

 米国疾病対策センター(CDC)はこのほど、米国で癌の診断を受け、生存している人の総数は過去30年間着実に増え続け、980万人になったこと公表した。これは、CDCが毎週発行するレポート、「Morbidity and Mortality Weekly Report, “Cancer Survivorship ? United States, 1971 ? 2001」の中で報告したもの。
同レポートは、以下のようなデータを盛り込んでいる。1.癌の診断を受けた成人の64%が、その後5年間生存している、2.癌生存者のうち、最も多いのは乳癌(22%)、次いで前立腺癌(17%)、3番目は大腸癌(11%)である、3.癌生存者の61%が65歳以上である、4.65歳以上の約6人に1人が癌生存者である、5.子供の癌生存者のうち79%が、診断を受けてから5年間生存し、75%近くが10年間生存する−−。

 CDCのDr. Loria Pollack氏は、同レポートは、癌生存者とその家族に対し、健康上のサポートや、社会的、精神的、また経済的な安定を確保することがますます重要になってきていることを示している、としている。

 詳しくは、同レポートまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:651
  2. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:191
  3. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:1
  4. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  5. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  6. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. 高齢糖尿病のコントロール指標はHbA1cだけでは… 学会トピック〇第59回日本老年医学会/第30回日本老年学会 FBシェア数:289
  8. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:549
  9. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:227
  10. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:103