2004.07.01

GSK、プロスタグラジンI2製剤の肺動脈性高血圧症への適応追加承認取得

 グラクソス・スミスクライン(GSK)は、6月22日付けで「静注用フローラン」(一般名:エポプロステノールナトリウム)の肺動脈性高血圧症に対する適応追加承認を取得したと発表した。これまで日本では肺動脈性高血圧症のうち、原因が不明な原発性肺高血圧症の適応だけが承認されていた。

 フローランは英Glaxo SmithKline社が創製したプロスタグラジンI2の注射製剤で血管拡張作用と血小板凝集抑制性作用があり、1995年に米国で原発性肺高血圧症治療薬として承認された。日本では1994年に希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)に指定された後、1999年に原発性肺高血圧症の適応で承認を受けている。フローランの持続静注療法によって肺動脈性肺高血圧症の予後を著明に改善可能だという。

 肺動脈性肺高血圧症は肺動脈の末梢血管内腔が狭くなり、肺動脈圧が高くなる疾患で無治療の場合、発症2〜3年で死亡する。原発性肺高血圧症以外にも、膠原病患者では10から20人に一人の割合で発症するなど、いくつかの特定疾患が基礎疾患になることが知られている。GSKによれば、国内では現在、1500〜2000人の肺動脈性肺高血圧症患者がいるという。

 グラクソ・スミスクラインはフローランの適応追加に合わせ、6月23日から医療従事者と患者、一般向けに肺動脈性肺高血圧症に関する情報を提供する専用Webサイト「PAH.jp」を開設した。

 フローラン適応追加についてのプレスリリースはこちら、肺動脈性肺高血圧症専用Webサイト開設に関するプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14