2004.07.01

GSK、プロスタグラジンI2製剤の肺動脈性高血圧症への適応追加承認取得

 グラクソス・スミスクライン(GSK)は、6月22日付けで「静注用フローラン」(一般名:エポプロステノールナトリウム)の肺動脈性高血圧症に対する適応追加承認を取得したと発表した。これまで日本では肺動脈性高血圧症のうち、原因が不明な原発性肺高血圧症の適応だけが承認されていた。

 フローランは英Glaxo SmithKline社が創製したプロスタグラジンI2の注射製剤で血管拡張作用と血小板凝集抑制性作用があり、1995年に米国で原発性肺高血圧症治療薬として承認された。日本では1994年に希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)に指定された後、1999年に原発性肺高血圧症の適応で承認を受けている。フローランの持続静注療法によって肺動脈性肺高血圧症の予後を著明に改善可能だという。

 肺動脈性肺高血圧症は肺動脈の末梢血管内腔が狭くなり、肺動脈圧が高くなる疾患で無治療の場合、発症2〜3年で死亡する。原発性肺高血圧症以外にも、膠原病患者では10から20人に一人の割合で発症するなど、いくつかの特定疾患が基礎疾患になることが知られている。GSKによれば、国内では現在、1500〜2000人の肺動脈性肺高血圧症患者がいるという。

 グラクソ・スミスクラインはフローランの適応追加に合わせ、6月23日から医療従事者と患者、一般向けに肺動脈性肺高血圧症に関する情報を提供する専用Webサイト「PAH.jp」を開設した。

 フローラン適応追加についてのプレスリリースはこちら、肺動脈性肺高血圧症専用Webサイト開設に関するプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7