2004.07.01

GSK、プロスタグラジンI2製剤の肺動脈性高血圧症への適応追加承認取得

 グラクソス・スミスクライン(GSK)は、6月22日付けで「静注用フローラン」(一般名:エポプロステノールナトリウム)の肺動脈性高血圧症に対する適応追加承認を取得したと発表した。これまで日本では肺動脈性高血圧症のうち、原因が不明な原発性肺高血圧症の適応だけが承認されていた。

 フローランは英Glaxo SmithKline社が創製したプロスタグラジンI2の注射製剤で血管拡張作用と血小板凝集抑制性作用があり、1995年に米国で原発性肺高血圧症治療薬として承認された。日本では1994年に希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)に指定された後、1999年に原発性肺高血圧症の適応で承認を受けている。フローランの持続静注療法によって肺動脈性肺高血圧症の予後を著明に改善可能だという。

 肺動脈性肺高血圧症は肺動脈の末梢血管内腔が狭くなり、肺動脈圧が高くなる疾患で無治療の場合、発症2〜3年で死亡する。原発性肺高血圧症以外にも、膠原病患者では10から20人に一人の割合で発症するなど、いくつかの特定疾患が基礎疾患になることが知られている。GSKによれば、国内では現在、1500〜2000人の肺動脈性肺高血圧症患者がいるという。

 グラクソ・スミスクラインはフローランの適応追加に合わせ、6月23日から医療従事者と患者、一般向けに肺動脈性肺高血圧症に関する情報を提供する専用Webサイト「PAH.jp」を開設した。

 フローラン適応追加についてのプレスリリースはこちら、肺動脈性肺高血圧症専用Webサイト開設に関するプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正