2004.07.01

東大病院、22世紀医療センター構想の連携企業3社を発表、計9社に

 東京大学医学部附属病院は6月30日、新たに設置する産学協同プロジェクト「22世紀医療センター」のパートナー企業として、具体的な計画について合意に至ったとして新たに3社との連携を発表した。連携が正式決定したのは、武田薬品工業、アンジェスMG、サトウスポーツプラザの各社。東大病院では今年4月に同様の提携が決まった企業6社を発表しており、これで提携企業は9社になる。新規提携が決まった3社の研究プロジェクトの概要は次のとおり。

武田薬品工業:統合的分子代謝疾患科学講座
 サブタイプを考慮した代謝疾患の臨床試験システムを構築し、低コストで効率的な代謝疾患改善薬の創製を実現する。このため、患者由来情報の統合解析手法や治療応答性、副作用発生のモデリング環境の構築を目指す。

アンジェスMG:先端臨床医学開発
 遺伝子治療学や幹細胞医学、材料工学を用いた心血管疾患の新規治療法開発と臨床応用を目指す。併せて新技術と新規遺伝子などに関する知的所有権取得を進める。

サトウスポーツプラザ:加圧トレーニング・虚血循環生理学講座
 四肢の近位部(体幹側)をベルトで圧迫して加圧し、血流を制限した状態で筋力トレーニングを行う方式。通常よりも低い負荷で筋肥大がおきるのが特徴。本講座ではこの加圧トレーニングを中心に、各種疾患患者におけるリハビリ効果などを検討する。

 22世紀医療センターは、2006年度竣工予定の東大病院新中央診療棟(第2期)内の2フロアに設置する。今年4月に提携が決まった6社は、エヌ・ティ・ティ・データ、日立製作所、メディネット、田辺製薬、佐川急便、テルモの各社。

 東大病院のプレスリリースはこちらまで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:2
  2. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:204
  3. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  4. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:134
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. 悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 7対1看護から降りる病院、現場から反発も 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《2》 FBシェア数:151
  9. 小児急性中耳炎診療にある小児科と耳鼻咽喉科のギャ… 学会トピック◎第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 FBシェア数:10
  10. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:47
医師と医学研究者におすすめの英文校正