2004.06.30

5月の月別定点当たり患者報告数−−性感染症、若年層で女性の報告が目立つ

 国立感染症研究所感染症情報センターは6月25日、性感染症について、5月の月別定点当たり患者報告数を公表した。性感染症定点数は924で、性器クラミジア感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジローマ、淋菌感染症の4疾患が報告されている。それによると、淋菌感染症では男性の割合が高く、ほかの3疾患では若年層で女性の報告が目立った。

 5月の月別定点当たり患者報告数は、性器クラミジア感染症が3.44(報告数3177)、性器ヘルペスウイルス感染症が0.84(同779)、尖圭コンジローマが0.60(同551)、淋菌感染症が1.48(同1371)。

 男女別では、性器クラミジア感染症が男性1.51、女性1.93、性器ヘルペスウイルス感染症が男性0.33、女性0.51、尖圭コンジローマが男性0.33、女性0.27、淋菌感染症が男性1.24、女性0.24だった。

 特徴としては、淋菌感染症では各年齢層で男性の占める割合が高い点と、他の3疾患では、特に若年層で女性の報告が目立つ点だ。たとえば性器ヘルペスウイルス感染症では、女性の15〜19歳の層で定点当たり報告数が0.04で、全体の5%近くに迫っている。また、尖圭コンジローマでも、15〜19歳の層で定点当たり報告数が0.04であり、こちらは全体の7%近い。性器クラミジアでも同様で、女性の15〜19歳の層で定点当たり報告数が0.4近くあり、全体の11%を超えている。

 なお、過去5年間の同時期との比較では、女性の性器ヘルペスウイルス感染症と尖圭コンジローマが多くなっており、男性では尖圭コンジローマが目立っている。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:40
  2. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:62
  3. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:151
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:70
  5. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:66
  6. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:537
  7. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:275
  8. 「気流制限がない」気腫肺、見過ごされている潜在的… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:3
  9. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:268
  10. ミトコンドリア移植で遺伝病を予防できるか? NEJM誌から FBシェア数:44