2004.06.30

5月の月別定点当たり患者報告数−−性感染症、若年層で女性の報告が目立つ

 国立感染症研究所感染症情報センターは6月25日、性感染症について、5月の月別定点当たり患者報告数を公表した。性感染症定点数は924で、性器クラミジア感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジローマ、淋菌感染症の4疾患が報告されている。それによると、淋菌感染症では男性の割合が高く、ほかの3疾患では若年層で女性の報告が目立った。

 5月の月別定点当たり患者報告数は、性器クラミジア感染症が3.44(報告数3177)、性器ヘルペスウイルス感染症が0.84(同779)、尖圭コンジローマが0.60(同551)、淋菌感染症が1.48(同1371)。

 男女別では、性器クラミジア感染症が男性1.51、女性1.93、性器ヘルペスウイルス感染症が男性0.33、女性0.51、尖圭コンジローマが男性0.33、女性0.27、淋菌感染症が男性1.24、女性0.24だった。

 特徴としては、淋菌感染症では各年齢層で男性の占める割合が高い点と、他の3疾患では、特に若年層で女性の報告が目立つ点だ。たとえば性器ヘルペスウイルス感染症では、女性の15〜19歳の層で定点当たり報告数が0.04で、全体の5%近くに迫っている。また、尖圭コンジローマでも、15〜19歳の層で定点当たり報告数が0.04であり、こちらは全体の7%近い。性器クラミジアでも同様で、女性の15〜19歳の層で定点当たり報告数が0.4近くあり、全体の11%を超えている。

 なお、過去5年間の同時期との比較では、女性の性器ヘルペスウイルス感染症と尖圭コンジローマが多くなっており、男性では尖圭コンジローマが目立っている。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:201
  2. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:569
  3. 55歳女性。起床後、頻回の嘔吐・下痢 日経メディクイズ●腹部X線 FBシェア数:0
  4. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:34
  6. 「スポーツ98%です!」どういう意味か分かります… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:92
  7. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:213
  8. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  9. ガイドライン外来診療◆不眠症 ガイドライン外来診療 FBシェア数:2
  10. 流行ウイルスはAH3? それともAH1pdm09… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:163