2004.06.30

【Pharma Business】 フロム・ニュージャージー:米国駐在員の苦労はコミュニケーションにあり(下)

 前回のコラムの冒頭で、英語に自信を持って米国に赴任したにもかかわらず、当初は店舗やレストランで店員の質問が全く聞き取れなかったエピソードを紹介した。その時はショックであったが、後で落ち着いて考えてみれば、応対してくれた店員はいずれも非白人で中南米からの移民と思われる風貌。アクセントの強いしゃべり方をしていた。彼らは、自分たちの英語を理解してもらえないのは発音やアクセントに問題があるなどとはこれっぽっちも思っていない様子であり、むしろ理解できない相手が悪いとさえ思っているようだった。それほど堂々としていたのである。同様に我々日本人も現地に慣れるに従い、日本語なまりの英語で暮らしたっていいのである(Pharma Business)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180