2004.06.29

経営受託による全国展開視野に、亀田総合病院グループの新構想

 「これまで培ってきた亀田の病院マネジメントを汎用化し、オペレーターとして他の病院の運営を請け負っていきたい」。亀田総合病院(802床)を経営する医療法人鉄蕉会(千葉県鴨川市)の亀田俊忠理事長は、本誌の取材でこんな構想を明かした。

 亀田は、1989年に策定したマスタープランに沿って、施設の全面リニューアルや診療体制の整備を計画的に進めてきた。現在、総事業費約100億円を投じて建設中の全室個室の新入院棟「Kタワー」(374床、2005年4月稼働予定)が、マスタープランの最終段階に当たるが、俊忠理事長の関心は、早くも次の長期計画に移っている。

 「公的病院をこれからどうマネジメントしていくかというのは社会的なテーマ。また、民間病院でも、経営環境は難しくなっているのに、なかなか経営を変革できないところも多い。そこにオペーレーターのニーズがある」と俊忠氏は見ている。

 現段階で具体化した案件はないが、「話はいくつか来ている」という。

 「鴨川の地でどこまでも完結するということだけだと、自分たちの力を遺憾なく発揮するのは難しいと思う」と語る俊忠氏。鴨川から全国へ−−。マスタープランの完了を間近に控え、鴨川での事業展開に区切りがついた今、亀田は大きな転換点を迎えている(さらに詳しくは、日経ヘルスケア21の7月号特集「亀田総合病院の研究」をご参照ください)。
(沖本健二、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14