2004.06.29

経営受託による全国展開視野に、亀田総合病院グループの新構想

 「これまで培ってきた亀田の病院マネジメントを汎用化し、オペレーターとして他の病院の運営を請け負っていきたい」。亀田総合病院(802床)を経営する医療法人鉄蕉会(千葉県鴨川市)の亀田俊忠理事長は、本誌の取材でこんな構想を明かした。

 亀田は、1989年に策定したマスタープランに沿って、施設の全面リニューアルや診療体制の整備を計画的に進めてきた。現在、総事業費約100億円を投じて建設中の全室個室の新入院棟「Kタワー」(374床、2005年4月稼働予定)が、マスタープランの最終段階に当たるが、俊忠理事長の関心は、早くも次の長期計画に移っている。

 「公的病院をこれからどうマネジメントしていくかというのは社会的なテーマ。また、民間病院でも、経営環境は難しくなっているのに、なかなか経営を変革できないところも多い。そこにオペーレーターのニーズがある」と俊忠氏は見ている。

 現段階で具体化した案件はないが、「話はいくつか来ている」という。

 「鴨川の地でどこまでも完結するということだけだと、自分たちの力を遺憾なく発揮するのは難しいと思う」と語る俊忠氏。鴨川から全国へ−−。マスタープランの完了を間近に控え、鴨川での事業展開に区切りがついた今、亀田は大きな転換点を迎えている(さらに詳しくは、日経ヘルスケア21の7月号特集「亀田総合病院の研究」をご参照ください)。
(沖本健二、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:23
  2. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  3. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:165
  4. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:78
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  6. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:9
  7. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:399
  8. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:39
  9. 「モルヒネだけは飲みたくない」への対応法 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:19
  10. 人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたら Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:182