2004.06.28

抗血小板薬、ACE阻害薬、スタチンの3剤併用は単剤・2剤投与に比べ脳卒中の程度を有意に軽減

 抗血小板薬とアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の3剤併用は、抗血小板薬のみ、またはACE阻害薬かスタチンのいずれかと2剤併用の場合に比べ、虚血性脳卒中を発症した場合に、その程度を有意に軽減する作用のあることが明らかになった。3剤を併用した人はまた、単剤や2剤に比べ、退院後にリハビリ施設などではなく、自宅に帰ることができる割合も2倍以上だった。これは、米Harvard大学のM.H.Selim氏が、6月24日の一般口演で発表したもの。これまで、3剤併用が、抗血小板薬単独やACE阻害薬かスタチンのいずれかとの2剤併用に比べ、虚血性脳卒中の発症リスクを減らすことは知られていたが、実際に発症した場合に、その程度に与える影響は不明だった。

 Selim氏らは、1998〜2000年に虚血性脳卒中を発症し、24時間以内に診察を受けた人110人について、発症前に服用していた薬の種類と、脳卒中の程度、MRI(磁気共鳴画像)などを調べ、比較した。

 このうち、抗血小板薬のみを服用していたのは49人、抗血小板薬とACE阻害薬またはスタチンのどちらかを服用していたのは43人、3剤を併用していたのは18人だった。

 脳卒中の臨床症状の程度について比較したところ、NIHSSスコアの平均値は、抗血小板薬単独群が11.5、2剤群が8.7だったのに対し、3剤群は4.1と、有意に程度が軽かった。

 また、ペナンブラの目安となる、MRIの潅流強調画像(PWI)と拡散強調画像(DWI)のミスマッチ部位の体積の平均値は、抗血小板薬単独群が46.8cc、2剤群が60ccだったのに対し、3剤群は27.4ccと、有意に小さかった。

 さらに、退院後に自宅に帰ることができた人の割合は、抗血小板薬単独群が8.2%、2剤群が11.6%だったのに対し、3剤群は22.2%と、倍以上になった。Selim氏は、3剤の相乗作用によってこうした格差が現れたのではないかとし、今後、より大規模な試験を行うことが重要だと語った。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
  2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
  3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
  4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
  5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
  6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
  7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
  9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正