2004.06.28

抗血小板薬、ACE阻害薬、スタチンの3剤併用は単剤・2剤投与に比べ脳卒中の程度を有意に軽減

 抗血小板薬とアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の3剤併用は、抗血小板薬のみ、またはACE阻害薬かスタチンのいずれかと2剤併用の場合に比べ、虚血性脳卒中を発症した場合に、その程度を有意に軽減する作用のあることが明らかになった。3剤を併用した人はまた、単剤や2剤に比べ、退院後にリハビリ施設などではなく、自宅に帰ることができる割合も2倍以上だった。これは、米Harvard大学のM.H.Selim氏が、6月24日の一般口演で発表したもの。これまで、3剤併用が、抗血小板薬単独やACE阻害薬かスタチンのいずれかとの2剤併用に比べ、虚血性脳卒中の発症リスクを減らすことは知られていたが、実際に発症した場合に、その程度に与える影響は不明だった。

 Selim氏らは、1998〜2000年に虚血性脳卒中を発症し、24時間以内に診察を受けた人110人について、発症前に服用していた薬の種類と、脳卒中の程度、MRI(磁気共鳴画像)などを調べ、比較した。

 このうち、抗血小板薬のみを服用していたのは49人、抗血小板薬とACE阻害薬またはスタチンのどちらかを服用していたのは43人、3剤を併用していたのは18人だった。

 脳卒中の臨床症状の程度について比較したところ、NIHSSスコアの平均値は、抗血小板薬単独群が11.5、2剤群が8.7だったのに対し、3剤群は4.1と、有意に程度が軽かった。

 また、ペナンブラの目安となる、MRIの潅流強調画像(PWI)と拡散強調画像(DWI)のミスマッチ部位の体積の平均値は、抗血小板薬単独群が46.8cc、2剤群が60ccだったのに対し、3剤群は27.4ccと、有意に小さかった。

 さらに、退院後に自宅に帰ることができた人の割合は、抗血小板薬単独群が8.2%、2剤群が11.6%だったのに対し、3剤群は22.2%と、倍以上になった。Selim氏は、3剤の相乗作用によってこうした格差が現れたのではないかとし、今後、より大規模な試験を行うことが重要だと語った。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:148
  3. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:211
  4. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  5. 訪日外国人が突いた医療保険制度の隙 記者の眼 FBシェア数:221
  6. 成人敗血症患者に対する解熱治療は死亡率を低下させ… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:68
  7. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:21
  8. 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題 FBシェア数:62
  9. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:599
  10. 「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意は 家族支援CNSの「家族対応」お悩み相談 FBシェア数:19