2004.06.28

今大会は70カ国から2355人集まる、日本はカナダ、米、独に次いで4位の参加規模

 開催最終日の6月26日には今期大会の最終的な規模が開催委員会から報告された。人数こそ2355人と小規模だったが、世界会議の標榜に恥じず、5大陸70カ国から参加があった。国別の参加人数は、地元カナダの387人を筆頭に米国の344人、ドイツの263人に次いで、187人の日本が第4位を占め、脳卒中医療先進国ならではの熱意を示していた。

 学術プログラムの規模では、セッション数が80、演題(要旨)数が1039題、ポスター数は775題だった。4年後の2008年には第6回大会がオーストリアのウィーンで開催されるが、2006年にはそれに先立って、国際脳卒中学会(International Stroke Society)と地中海脳卒中学会が共催する合同世界脳卒中会議が南アフリカのケープタウンで開催される。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:40
  2. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:62
  3. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:151
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:70
  5. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:66
  6. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:537
  7. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:275
  8. 「気流制限がない」気腫肺、見過ごされている潜在的… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:3
  9. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:268
  10. ミトコンドリア移植で遺伝病を予防できるか? NEJM誌から FBシェア数:44