2004.06.28

今大会は70カ国から2355人集まる、日本はカナダ、米、独に次いで4位の参加規模

 開催最終日の6月26日には今期大会の最終的な規模が開催委員会から報告された。人数こそ2355人と小規模だったが、世界会議の標榜に恥じず、5大陸70カ国から参加があった。国別の参加人数は、地元カナダの387人を筆頭に米国の344人、ドイツの263人に次いで、187人の日本が第4位を占め、脳卒中医療先進国ならではの熱意を示していた。

 学術プログラムの規模では、セッション数が80、演題(要旨)数が1039題、ポスター数は775題だった。4年後の2008年には第6回大会がオーストリアのウィーンで開催されるが、2006年にはそれに先立って、国際脳卒中学会(International Stroke Society)と地中海脳卒中学会が共催する合同世界脳卒中会議が南アフリカのケープタウンで開催される。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:253
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:418
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:127
  4. スタチン:首位クレストールにリピトールが迫る NMO処方サーベイ FBシェア数:3
  5. 単回使用医療機器に関する通知が揺れたワケ 短期集中連載◎どう読む?医療機器の再使用に関する通知(1) FBシェア数:17
  6. 新禁煙宣言、禁煙指導の技能が専門医資格要件に 学会トピック◎第40回日本高血圧学会総会 FBシェア数:151
  7. 交替時間のオーラ 病院珍百景 FBシェア数:9
  8. 腸管透過性亢進に関連する疾患にルビプロストンが有… 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:2
  9. 患者の言葉を“翻訳”するための質問 患者の心を開くメディカル・サポート・コーチング塾 FBシェア数:2
  10. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:92