2004.06.28

今大会は70カ国から2355人集まる、日本はカナダ、米、独に次いで4位の参加規模

 開催最終日の6月26日には今期大会の最終的な規模が開催委員会から報告された。人数こそ2355人と小規模だったが、世界会議の標榜に恥じず、5大陸70カ国から参加があった。国別の参加人数は、地元カナダの387人を筆頭に米国の344人、ドイツの263人に次いで、187人の日本が第4位を占め、脳卒中医療先進国ならではの熱意を示していた。

 学術プログラムの規模では、セッション数が80、演題(要旨)数が1039題、ポスター数は775題だった。4年後の2008年には第6回大会がオーストリアのウィーンで開催されるが、2006年にはそれに先立って、国際脳卒中学会(International Stroke Society)と地中海脳卒中学会が共催する合同世界脳卒中会議が南アフリカのケープタウンで開催される。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:651
  2. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:191
  3. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:1
  4. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  5. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  6. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. 高齢糖尿病のコントロール指標はHbA1cだけでは… 学会トピック〇第59回日本老年医学会/第30回日本老年学会 FBシェア数:289
  8. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:549
  9. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:227
  10. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:103