2004.06.28

今大会は70カ国から2355人集まる、日本はカナダ、米、独に次いで4位の参加規模

 開催最終日の6月26日には今期大会の最終的な規模が開催委員会から報告された。人数こそ2355人と小規模だったが、世界会議の標榜に恥じず、5大陸70カ国から参加があった。国別の参加人数は、地元カナダの387人を筆頭に米国の344人、ドイツの263人に次いで、187人の日本が第4位を占め、脳卒中医療先進国ならではの熱意を示していた。

 学術プログラムの規模では、セッション数が80、演題(要旨)数が1039題、ポスター数は775題だった。4年後の2008年には第6回大会がオーストリアのウィーンで開催されるが、2006年にはそれに先立って、国際脳卒中学会(International Stroke Society)と地中海脳卒中学会が共催する合同世界脳卒中会議が南アフリカのケープタウンで開催される。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16