2004.06.27

脳卒中発症リスクはスタチン投与で21%減、LDL-Cの10%減少で15.6%減、最新のメタアナリシス報告

 脳卒中発症に対するHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の効果を示す最新のメタアナリシス結果が6月24日のポスターセッション「Prevention: Antiplatelet Therapy」で報告され、スタチン投与によるLDLコレステロールの低下が寄与している可能性を示唆したものとなった。同種の報告はたびたび行われているが、2003年までに実施された計9万人を対象とした27の臨床試験結果を反映している。

 フランスBichat-Claude Bernard大学医学部神経学科のPierre Amarenco氏は、スタチンとスタチンによるLDLコレステロールの低下が脳卒中の予防に及ぼす効果について、最新の臨床試験結果を含むメタアナリシスを実施した。1993年から2003年にかけて実施されたスタチンに対する臨床試験のうち、脳卒中発症を一次、または二次エンドポイントとする27の試験を対象としている。無作為割り付けを行った対象者は合計9万7981人、平均追跡期間は4.3年で、期間中、スタチン投与群1332件、対照群1646件の脳卒中イベントが発生した。

 解析の結果、スタチン投与群における脳卒中発症の相対リスクは21%有意に減少していた(OR=0.79、CI:0.29-0.62)。スタチン投与群の脳卒中発症リスクが増加する結果が得られた臨床試験はなかった。致命的な脳卒中発作も9%減少していたが、統計的有意は得られなかった(OR=0.91、CI:0.76-1.10)。スタチンによる発症リスクの減少とLDLコレステロールの低下は強い関連性があり、LDL-C値の10%の減少は全脳卒中の発症リスクを15.6%有意に減少させると見なされた(CI:6.7-23.6)。スタチン投与による出血性脳卒中の有意な増加は見られなかった(OR=0.90、CI:0.65-1.22)という。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16