2004.06.27

脳卒中発症リスクはスタチン投与で21%減、LDL-Cの10%減少で15.6%減、最新のメタアナリシス報告

 脳卒中発症に対するHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の効果を示す最新のメタアナリシス結果が6月24日のポスターセッション「Prevention: Antiplatelet Therapy」で報告され、スタチン投与によるLDLコレステロールの低下が寄与している可能性を示唆したものとなった。同種の報告はたびたび行われているが、2003年までに実施された計9万人を対象とした27の臨床試験結果を反映している。

 フランスBichat-Claude Bernard大学医学部神経学科のPierre Amarenco氏は、スタチンとスタチンによるLDLコレステロールの低下が脳卒中の予防に及ぼす効果について、最新の臨床試験結果を含むメタアナリシスを実施した。1993年から2003年にかけて実施されたスタチンに対する臨床試験のうち、脳卒中発症を一次、または二次エンドポイントとする27の試験を対象としている。無作為割り付けを行った対象者は合計9万7981人、平均追跡期間は4.3年で、期間中、スタチン投与群1332件、対照群1646件の脳卒中イベントが発生した。

 解析の結果、スタチン投与群における脳卒中発症の相対リスクは21%有意に減少していた(OR=0.79、CI:0.29-0.62)。スタチン投与群の脳卒中発症リスクが増加する結果が得られた臨床試験はなかった。致命的な脳卒中発作も9%減少していたが、統計的有意は得られなかった(OR=0.91、CI:0.76-1.10)。スタチンによる発症リスクの減少とLDLコレステロールの低下は強い関連性があり、LDL-C値の10%の減少は全脳卒中の発症リスクを15.6%有意に減少させると見なされた(CI:6.7-23.6)。スタチン投与による出血性脳卒中の有意な増加は見られなかった(OR=0.90、CI:0.65-1.22)という。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:276
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:230
  4. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:145
  5. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:237
  6. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:155
  7. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:2
  8. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:21
  9. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:22
  10. サイトメガロウイルスのDNA検査薬が保険収載 新生児の尿で検査可能、既存の抗体薬に比べて高感度 FBシェア数:4
医師と医学研究者におすすめの英文校正