2004.06.27

脳室内出血後のカテーテル関与の再出血、血圧コントロールでリスクが大幅減少

 脳室内出血(IVH)発症後、その治療の過程で脳にカテーテルを挿入するが、このカテーテル周辺で起こる出血について、血圧をコントロールすることで予防が可能であることが分かった。これは、米Johns Hopkins大学のD.F.Hanley氏が、6月26日のレイトブレイキング・セッションで報告したもの。なおIVH患者の約40%に、発症後の出血箇所の増大や脳内再出血が起こると言われている。

 同研究は、元々は、米国食品医薬品局(FDA)が支援し、IVH患者に対する血栓溶解術の効果を調べるものだった。今回、同研究から得られたデータを再調査することで、新たな事実が見つかった。

 ここでは、IVHの患者48人について、平均動脈血圧のコントロールの達成度合いと、再出血の種類と頻度について調べた。血圧コントロールについては、治療前よりも平均動脈血圧を30mmHg引き下げることを目標とし、その達成度合い(50%未満、50〜75%未満、75〜95%未満、95%以上)に応じて4グループに分類した。出血については、コンピュータ断層撮影(CT)検査を毎日行い、検出した。

 その結果、治療の過程で挿入したカテーテルに添った局所的出血で、圧排効果を伴うものの発症率は、血圧コントロールの達成率が50%未満だった群では28%だったのに対し、95%以上達成した群では0%と、大幅な差が見られた(p=0.04)。なお同氏によると、今回の研究で見られた脳内再出血のおよそ8割が、この種の出血であったという。

 この研究結果を受けてHanley氏は、IVH患者に対する血圧コントロールは、カテーテル関与の出血リスクを減らす可能性が考えられるため、今後前向き試験を行って明らかにすべきであるとしている。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14