2004.06.27

ドネペジルが脳血管性痴呆症のIADL維持にも有効

 アルツハイマー性痴呆症の治療薬であるドネペジル(一般名、日本での商品名はアリセプト)が、脳血管性痴呆症のIADL(日常生活関連動作)などの維持に有効であることが明らかになった。6月25日の一般口演で、カナダToronto大学のSandra Black氏が発表した。

 これまでの研究結果から、脳血管性痴呆症の患者に、コリン作動性欠損が見つかっている。そのため、アセチルコリンエステラーゼ阻害剤であるドネペジルが、脳血管性痴呆症にも有効である可能性が高いと考えられてきた。

 今回発表した研究は、2つの無作為化二重盲プラセボ対照試験を合わせて分析したもの。それぞれの被験者数は600人超で、合わせて1219人だった。被験者は、脳血管性痴呆を発症してから3カ月以上経過しており、脳血管疾患と痴呆症のエビデンスがそれぞれあり、また脳血管疾患と痴呆症との関連可能性がある人が対象となった。アルツハイマー性痴呆症は除外した。試験開始時点で、被験者の89%が、お金の管理や手紙の整理などといったIADLに問題があった。

 Black氏らは、被験者を3群に分け、ドネペジル5mg/日、10mg/日、プラセボをそれぞれ投与し、24週間追跡して、IADLスケールとアルツハイマー病の機能評価スケール(ADFACS;Alzheimer's Disease Functional Assessment and Change Scale)を使って機能を評価した。

 その結果、IADL とADFACSの両スケールで、ドネペジル投与群はその用量にかかわらず、試験開始時点の機能性を維持することができた。一方でプラセボ群は、両スケールともに、試験開始時点と比べて機能性が低下した。なお、ドネペジル5mgと10mgとでは、その効果に差はなかった。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アロハに仮装…あえて道化を演じる病院長の思い 記者リポート FBシェア数:244
  2. 労基署に踏み込まれる前に医療界がすべきこと 全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏に聞く FBシェア数:653
  3. 肺野陰影の濃度差はなぜ生じるのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  4. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017) FBシェア数:81
  5. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:23
  6. ARB:アジルバ躍進、オルメテック抜き首位に NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  7. 画像の異常所見は肉眼でも見てみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:0
  8. 「骨盤矯正」「肩甲骨剥がし」って何なんだ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:773
  9. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:42
  10. 72歳女性。左下肢痛、何を想起すべき? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:2