2004.06.26

会場は客船埠頭:飛鳥もお目見え、世界有数の客船が相次ぎ寄港

 第5回世界脳卒中会議が開催されているカナダプレイスは、ホテルとコンベンションセンター、それに客船の埠頭が複合した施設だ。会場地下はSea Busというフェリーの発着場になっている。驚いたことに、学会開催中、会場の両側に世界の名だたる有名客船が毎日入れ替わりで入港し、短いときにはほんの数時間でまた出航していく。客船ウオッチャーにはこたえられない学会だ。豪華客船の乗客を相手にするだけあって、施設内のホテルはバンクーバー一の豪華ホテルだ。当然、宿泊代も高い。

 複合施設は縦帆が並んだスクーナー型と呼ばれる帆船を模したデザインになっている。この両側に客船が着く。開催初日の23日に会場のポートサイド(左舷のこと)に着いたのは、Holland America Line社のVolendam(フォーレンダム)号。1999年就航の最新鋭船で全長は238m、6万3000総トン。1440人の乗客を乗せることができる。黒いシャープな船体はあのクイーンエリザベス号に次ぐ大きさだ。

 同じ23日夜に会場のスターボードサイド(右舷)に到着したのは、Raddison Seven Seas Cruise社が運行するSeven Seas Mariner号。全長204mで総トン数は5万トンとVolendam号よりも一回り小さいが、乗船定員を700人に抑えており、旅の豪華さではひけをとらない。2001年に就航した。

 24日には、2000年に就航したSilver Sea Cruise社のSilver Shadowが立ち寄った。全長182m、2万8000総トンという小型客船だが、評価は上記2船が5つ星なのに対して最高ランクの6つ星。船体の美しさには定評がある。これら3船とも日本にも寄港したことがある。開催前日の6月22日には日本郵船の飛鳥が来訪していた。世界のクルーズ人口の3分の2は北米に集中しているとか。慌ただしく飛行機で行き来する一般人はうらやましげに眺めるしかないようだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153