2004.06.26

破裂のない脳動静脈奇形に対する治療は逆効果か、出血リスク3.6倍、急性増悪リスクは8倍に

 破裂のない脳動静脈奇形(Arterial Venous Malformations;AVM)は、外科治療や血管内治療、放射線療法などを行わない方が、予後が大幅に良好であるとする研究結果が出た。6月25日の一般口演で、米Columbia大学のC.Stapf氏が発表した。それによると、治療を行うことで、出血リスクは3.61倍に、臨床的な急性増悪リスクは8.17倍にも上るという。脳AVMに対して行われている侵襲的治療については、リスク評価を目的とした前向き試験データがない。同治療評価のための試験は急務と言えそうだ。

 Stapf氏らは、破裂のない脳AVM患者352人について、その治療の種類や有無、その後の経過について追跡調査を行った。脳AVMについては、脳血管造影で確定診断を行った。被験者の平均年齢は33歳で、うち女性は56%、平均の追跡期間は4.9年だった。また、脳AVMの平均最大直径は37mmだった。

 治療は、脳神経外科的摘出術や血管内塞栓術、定位的放射線療法のうちいずれかを単独または組合わせて行った。

 被験者のうち、治療を行ったのは275人(78%)、治療を行わなかったのは77人(22%)だった。治療を行った群は行わなかった群に比べ、出血リスクは3.61(95%信頼区間:2.00〜6.5,p<0.0001)倍、急性増悪リスクは8.17(95%信頼区間:5.13〜13.01,p<0.0001)倍と、顕著な差があった。

 なお、同研究は無作為化試験ではないため、治療群の方が非治療群より、もともと出血リスクが高い可能性があるなど、選択バイアスが含まれている。そのため今回の結果を受けてStapf氏らは、破裂のない脳動静脈奇形に対し、最適と考えられる侵襲的治療を行う場合と、全く行わない場合について、その予後を調べる無作為化試験「ARUBA」(A Randomized Trial Unruptured Brain AVMs)を、米国、ヨーロッパ、オーストラリアで行うことを決めた。同試験に関する情報は、http://www.arubastudy.org/まで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 毎日が帯状疱疹!?チョロい疾患と侮るなかれ 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:138
  2. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:404
  3. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:354
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 介護放棄を「殺人」と断罪できるか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:181
  6. 一足早く知りたい? 2018改定の注目点はココ! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  7. 心停止時にこそ分かる医師と患者の信頼関係 リポート◎見込みのない心肺蘇生を回避するには(後編) FBシェア数:174
  8. リード不要、心室に留置するペースメーカー登場 トレンド◎心臓ペーシング治療、新時代 FBシェア数:650
  9. 新専門医制度のQ&A集を機構が公開 NEWS FBシェア数:4
  10. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:164