2004.06.25

頚動脈狭窄へのステント挿入、長期予後は良好で短期合併症率も4.4%程度

 頚動脈狭窄に対するステント挿入術は、長期予後は良好で、従来の血管内膜切除術に比べ懸念される合併症も、そのほとんどが術後30日以内に起こり発症率は4.4%程度であることが明らかになった。これは、6月24日のポスターセッションで、ドイツSankt Katharinen HospitalのKasja Rabe氏が発表したもの。

 同氏らは、1993年2月〜2004年6月までにステント挿入術を行った、頚動脈狭窄の患者406人について、その後の経過を調べた。患者の平均年齢は70歳、男性は69%だった。頚動脈狭窄の割合は、平均で77%だった。追跡期間は最大で11年で、1020患者年に及んだ。

 術後30日以内に、死に至る脳卒中を発症したのは4人(0.9%)、死には至らないが重度の脳卒中を発症したのは7人(1.5%)、軽度の脳卒中を発症したのは9人(2.0%)で、それら全てを合わせると20人(4.4%)だった。

 長期予後について見てみると、死に至る同側脳卒中は4人(0.9%)、死に至らない重度の同側脳卒中は4人(0.9%)、軽度の同側脳卒中は1人(0.2%)、一過性脳虚血性発作は6人(1.3%)だった。

 同研究グループのHorst Sievert氏は、「現状では血管内膜切除術の方がステント挿入術よりも多く行われているが、2、3年のうちに、この状況は逆転すると我々は確信している」としている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:239
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:375
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:122
  4. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:185
  5. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
  6. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:91
  7. 待望の内服薬が承認、治療アドヒアランス向上に期待 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:2
  8. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:124
  9. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  10. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:96