2004.06.25

頚動脈狭窄へのステント挿入、長期予後は良好で短期合併症率も4.4%程度

 頚動脈狭窄に対するステント挿入術は、長期予後は良好で、従来の血管内膜切除術に比べ懸念される合併症も、そのほとんどが術後30日以内に起こり発症率は4.4%程度であることが明らかになった。これは、6月24日のポスターセッションで、ドイツSankt Katharinen HospitalのKasja Rabe氏が発表したもの。

 同氏らは、1993年2月〜2004年6月までにステント挿入術を行った、頚動脈狭窄の患者406人について、その後の経過を調べた。患者の平均年齢は70歳、男性は69%だった。頚動脈狭窄の割合は、平均で77%だった。追跡期間は最大で11年で、1020患者年に及んだ。

 術後30日以内に、死に至る脳卒中を発症したのは4人(0.9%)、死には至らないが重度の脳卒中を発症したのは7人(1.5%)、軽度の脳卒中を発症したのは9人(2.0%)で、それら全てを合わせると20人(4.4%)だった。

 長期予後について見てみると、死に至る同側脳卒中は4人(0.9%)、死に至らない重度の同側脳卒中は4人(0.9%)、軽度の同側脳卒中は1人(0.2%)、一過性脳虚血性発作は6人(1.3%)だった。

 同研究グループのHorst Sievert氏は、「現状では血管内膜切除術の方がステント挿入術よりも多く行われているが、2、3年のうちに、この状況は逆転すると我々は確信している」としている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正