2004.06.25

頚動脈狭窄へのステント挿入、長期予後は良好で短期合併症率も4.4%程度

 頚動脈狭窄に対するステント挿入術は、長期予後は良好で、従来の血管内膜切除術に比べ懸念される合併症も、そのほとんどが術後30日以内に起こり発症率は4.4%程度であることが明らかになった。これは、6月24日のポスターセッションで、ドイツSankt Katharinen HospitalのKasja Rabe氏が発表したもの。

 同氏らは、1993年2月〜2004年6月までにステント挿入術を行った、頚動脈狭窄の患者406人について、その後の経過を調べた。患者の平均年齢は70歳、男性は69%だった。頚動脈狭窄の割合は、平均で77%だった。追跡期間は最大で11年で、1020患者年に及んだ。

 術後30日以内に、死に至る脳卒中を発症したのは4人(0.9%)、死には至らないが重度の脳卒中を発症したのは7人(1.5%)、軽度の脳卒中を発症したのは9人(2.0%)で、それら全てを合わせると20人(4.4%)だった。

 長期予後について見てみると、死に至る同側脳卒中は4人(0.9%)、死に至らない重度の同側脳卒中は4人(0.9%)、軽度の同側脳卒中は1人(0.2%)、一過性脳虚血性発作は6人(1.3%)だった。

 同研究グループのHorst Sievert氏は、「現状では血管内膜切除術の方がステント挿入術よりも多く行われているが、2、3年のうちに、この状況は逆転すると我々は確信している」としている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54