2004.06.25

アスピリン325mg投与は81mg投与に比べアスピリン抵抗性の発症率が半減

 虚血性脳卒中などの予防を目的に、抗血小板薬としてアスピリンを服用しても、アスピリン抵抗性があり、充分な抗血小板反応が現れない場合がある。そうしたアスピリン抵抗性の発症率が、アスピリン投与量によって異なり、1日325mg投与は1日81mg投与よりも同発症率が半減することがわかった。6月24日の一般口演で、米Northwestern Memorial HospitalのM.J.Alberts氏が発表した。

 同氏らは、虚血性脳卒中または一過性脳虚血性発作の診断を受けた人で、アスピリンを服用していた59人について、PFA‐100試験を行って血小板機能を測定した。

 その結果、抗血小板作用が見られないアスピリン抵抗性は、アスピリンを1日81mg服用していた22人中16人(73%)に見られたのに対し、1日325mg服用していた37人のうち12人(32%)にしか見られなかった(p<0.005)。

 さらに、アスピリン抵抗性の割合とアスピリンの種類について見てみると、統計的有意差はなかったものの、腸溶コーチングされたアスピリンを服用していた人では同割合は73%、そうでないアスピリンを服用した人の同割合は39%と、腸溶コーチングのアスピリンを服用していた人にアスピリン抵抗性が多い傾向が見られた。

 現状では、抗血小板薬としてのアスピリン投与量の最適量はわかっていない。Alberts氏は、アスピリン投与量を患者に合わせて調整することで、アスピリン投与による虚血性脳卒中の予防効果が上がるのではないか、としている。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13