2004.06.25

アスピリン325mg投与は81mg投与に比べアスピリン抵抗性の発症率が半減

 虚血性脳卒中などの予防を目的に、抗血小板薬としてアスピリンを服用しても、アスピリン抵抗性があり、充分な抗血小板反応が現れない場合がある。そうしたアスピリン抵抗性の発症率が、アスピリン投与量によって異なり、1日325mg投与は1日81mg投与よりも同発症率が半減することがわかった。6月24日の一般口演で、米Northwestern Memorial HospitalのM.J.Alberts氏が発表した。

 同氏らは、虚血性脳卒中または一過性脳虚血性発作の診断を受けた人で、アスピリンを服用していた59人について、PFA‐100試験を行って血小板機能を測定した。

 その結果、抗血小板作用が見られないアスピリン抵抗性は、アスピリンを1日81mg服用していた22人中16人(73%)に見られたのに対し、1日325mg服用していた37人のうち12人(32%)にしか見られなかった(p<0.005)。

 さらに、アスピリン抵抗性の割合とアスピリンの種類について見てみると、統計的有意差はなかったものの、腸溶コーチングされたアスピリンを服用していた人では同割合は73%、そうでないアスピリンを服用した人の同割合は39%と、腸溶コーチングのアスピリンを服用していた人にアスピリン抵抗性が多い傾向が見られた。

 現状では、抗血小板薬としてのアスピリン投与量の最適量はわかっていない。Alberts氏は、アスピリン投与量を患者に合わせて調整することで、アスピリン投与による虚血性脳卒中の予防効果が上がるのではないか、としている。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:239
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:375
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:122
  4. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:185
  5. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
  6. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:91
  7. 待望の内服薬が承認、治療アドヒアランス向上に期待 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:2
  8. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:124
  9. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  10. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:96