2004.06.25

アスピリン325mg投与は81mg投与に比べアスピリン抵抗性の発症率が半減

 虚血性脳卒中などの予防を目的に、抗血小板薬としてアスピリンを服用しても、アスピリン抵抗性があり、充分な抗血小板反応が現れない場合がある。そうしたアスピリン抵抗性の発症率が、アスピリン投与量によって異なり、1日325mg投与は1日81mg投与よりも同発症率が半減することがわかった。6月24日の一般口演で、米Northwestern Memorial HospitalのM.J.Alberts氏が発表した。

 同氏らは、虚血性脳卒中または一過性脳虚血性発作の診断を受けた人で、アスピリンを服用していた59人について、PFA‐100試験を行って血小板機能を測定した。

 その結果、抗血小板作用が見られないアスピリン抵抗性は、アスピリンを1日81mg服用していた22人中16人(73%)に見られたのに対し、1日325mg服用していた37人のうち12人(32%)にしか見られなかった(p<0.005)。

 さらに、アスピリン抵抗性の割合とアスピリンの種類について見てみると、統計的有意差はなかったものの、腸溶コーチングされたアスピリンを服用していた人では同割合は73%、そうでないアスピリンを服用した人の同割合は39%と、腸溶コーチングのアスピリンを服用していた人にアスピリン抵抗性が多い傾向が見られた。

 現状では、抗血小板薬としてのアスピリン投与量の最適量はわかっていない。Alberts氏は、アスピリン投与量を患者に合わせて調整することで、アスピリン投与による虚血性脳卒中の予防効果が上がるのではないか、としている。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:120
  2. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. このままだと働き方はどんどんブラックになるよ? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:52
  4. 原因不明の慢性痛、その原因は医師の思考停止 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:41
  5. 日中で異なる高血圧基準値変更へのスタンス 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:17
  6. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:26
  7. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:20
  8. 覚醒下心臓手術は新たな選択肢となり得るか? リポート◎日本初、局所麻酔下での心臓弁手術が成功 FBシェア数:353
  9. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:34
  10. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正