2004.06.25

アスピリン325mg投与は81mg投与に比べアスピリン抵抗性の発症率が半減

 虚血性脳卒中などの予防を目的に、抗血小板薬としてアスピリンを服用しても、アスピリン抵抗性があり、充分な抗血小板反応が現れない場合がある。そうしたアスピリン抵抗性の発症率が、アスピリン投与量によって異なり、1日325mg投与は1日81mg投与よりも同発症率が半減することがわかった。6月24日の一般口演で、米Northwestern Memorial HospitalのM.J.Alberts氏が発表した。

 同氏らは、虚血性脳卒中または一過性脳虚血性発作の診断を受けた人で、アスピリンを服用していた59人について、PFA‐100試験を行って血小板機能を測定した。

 その結果、抗血小板作用が見られないアスピリン抵抗性は、アスピリンを1日81mg服用していた22人中16人(73%)に見られたのに対し、1日325mg服用していた37人のうち12人(32%)にしか見られなかった(p<0.005)。

 さらに、アスピリン抵抗性の割合とアスピリンの種類について見てみると、統計的有意差はなかったものの、腸溶コーチングされたアスピリンを服用していた人では同割合は73%、そうでないアスピリンを服用した人の同割合は39%と、腸溶コーチングのアスピリンを服用していた人にアスピリン抵抗性が多い傾向が見られた。

 現状では、抗血小板薬としてのアスピリン投与量の最適量はわかっていない。Alberts氏は、アスピリン投与量を患者に合わせて調整することで、アスピリン投与による虚血性脳卒中の予防効果が上がるのではないか、としている。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0