2004.06.24

厚労省、医薬品・医療用具等安全性情報第201号を発行 取り違えることによるリスクの高い医薬品に関する安全対策を報告

 厚生労働省は5月27日、医薬品・医療用具等安全性情報202号を公表した。今回は、「取り違えることによるリスクの高い医薬品に関する安全対策について」が報告された。今回取り上げられた医薬品は、1.「タキソール」と「タキソテール」、2.「アマリール」と「アルマール」、3.「ウテメリン」と「メテナリン」、4.「キシロカイン10%製剤」と「キシロカイン2%製剤」。および、基本的に希釈して投与する製剤であるにもかかわらず、医療現場において原液のまま投与した事故事例が報告されている注射用のカリウム製剤につても取り上げている。詳しくは厚生労働省の発表資料へ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0