2004.06.24

厚労省、医薬品・医療用具等安全性情報第201号を発行 取り違えることによるリスクの高い医薬品に関する安全対策を報告

 厚生労働省は5月27日、医薬品・医療用具等安全性情報202号を公表した。今回は、「取り違えることによるリスクの高い医薬品に関する安全対策について」が報告された。今回取り上げられた医薬品は、1.「タキソール」と「タキソテール」、2.「アマリール」と「アルマール」、3.「ウテメリン」と「メテナリン」、4.「キシロカイン10%製剤」と「キシロカイン2%製剤」。および、基本的に希釈して投与する製剤であるにもかかわらず、医療現場において原液のまま投与した事故事例が報告されている注射用のカリウム製剤につても取り上げている。詳しくは厚生労働省の発表資料へ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 水飲んじゃダメですか?─心不全 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:94
  2. インフルエンザ流行、今年はなかなか手ごわい! わかる!院内感染対策 FBシェア数:178
  3. 母の手は石のように固くひび割れ、血が滲んで 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:103
  4. 輸液の教科書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  5. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:950
  6. 「自宅待機が月10回、手当を請求できる?」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 「入局は決めたけど、やりたいことはありません」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 胃カメラの「死角」を見える化するには 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:20
  9. NHK『クロ現+』も問題にした在宅医療の質 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」 FBシェア数:399
  10. 睡眠学会がNHK「ガッテン!」の内容を批判 「睡眠科学、睡眠医療に関わる学術団体として看過できない」 FBシェア数:396