2004.06.24

「ローカーボ・ダイエット」で、睡眠障害が改善 炭水化物制限食は、ナルコレプシーの症状を軽くする−−米Duke大学が報告

 炭水化物を極端に制限する「ローカーボ・ダイエット」で、睡眠障害の一種であるナルコレプシーの症状が改善する−−。こんな驚くべき研究結果が、米国Duke大学の研究グループから報告された。研究結果は、米国神経学会が発行する学術誌「Neurology」の6月22日号に掲載された。

 ローカーボ・ダイエットは、提唱者の名前を取って「アトキンス・ダイエット」とも呼ばれ、米国ではよく知られた食事療法の一つ。米国ではダイエット法として大ブームで、炭水化物の含有量を減らしたバー(棒状のスナック菓子風食品)やシリアル、飲料などがヒットを続けているが、新たな健康効果の報告を受け、注目がさらに集まりそうだ。

 ナルコレプシーは、突然眠気に襲われたり、居眠りを繰り返すなどの症状が出る睡眠障害で、10代、20代で発症することが多い病気。

 研究には、ナルコレプシーの症状に悩む男女9人(うち8人が男性、平均年齢47.6歳)が参加。炭水化物を1日20g未満に制限する食事療法を8週間続けた。

 ナルコレプシーの症状の重さを表す「NSSQ」(Narcolepsy Symptom Status Questionnaire)のスコアをみると、ローカーボ・ダイエットを始める前は161.9点だったが、8週後は133.5点に低下。完全に症状がなくなるわけではないが、少し症状が軽くなる(スコアが18%減少)ことがわかった。

 炭水化物の摂取量が少ないと血糖値が上がりにくい(低血糖状態)が、そのときには「オレキシン」(ヒポクレチンともいう)という、食欲を司る脳内たんぱく質が関与する神経の活性が上がることが確かめられている。

 ナルコレプシーの患者はオレキシンの働きが不十分であることが知られており、「食事中の炭水化物を制限することでオレキシン神経の活性が高まることが、症状改善につながったのではないか」と研究グループはみている。

 ナルコレプシーの治療は、生活指導(規則正しい生活で夜間の睡眠を十分とる)と薬物療法(日中の眠気を覚ます精神賦活剤などを服用する)が2本柱で、これまで食事はあまり重視されていなかった。

 今回の研究結果は、ナルコレプシーの治療において、食事療法が一つの柱になる可能性を示したものとしても注目されそうだ。

 この論文のタイトルは、「Diet therapy for narcolepsy」。アブストラクトは、こちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正