2004.06.24

子どもの脳卒中も人種、性、地域で発症率/死亡率に格差−米国での調査で判明

 成人では、人種や性、地域などによって、脳卒中の発症率や死亡率に格差があることが知られている。米国における近年の調査で、子どもについても同様の傾向があることが明らかになった。California大学San Francisco校のHeather Fullerton氏(写真)が、6月23日の教育講演「子どもと若年成人の脳卒中」で最新の研究成果を含めて明らかにした。

 人種による違いでは黒人の子どもの発症率が群を抜いて高いことが判明した。Fullerton氏らがカリフォルニア州の退院データベースを基に20歳以下の子どもについて、1991〜2000年の10年間の発症率を人種間で比較したところ、白人に対する黒人の発症リスクは約2.12倍と大幅かつ有意に高いことが分かった。ヒスパニックは0.76と有意に低く、アジア系は0.96で有意差は見られなかった。

 性差でも成人と同様、脳卒中のタイプによって差はあるが、女子に対する男子の相対リスクは1.24〜1.34と有意に高いことが判明した。たばこやホルモンの影響、遺伝要因が考えられるという。

 地域差も成人と同じ傾向があるようだ。米国ではフロリダ州など南東部の11州で成人の脳卒中死亡リスクが高いことが知られていて、「脳卒中ベルト(地帯)」と名付けられている。子どもの脳卒中死亡について、この11州をほかの地域と比較すると、性、人種にかかわらず、脳卒中ベルト地域の方が脳卒中死亡リスクが有意に高いことが明らかになった。米国南西部は黒人が多いことで知られているが、白人のリスクも高くなっており、Fullerton氏らは、食事などの生活習慣や環境汚染物質などの影響の可能性を指摘した。

 Fullerton氏は、こうしたリスクの差はアテローム性動脈硬化の影響だけでは説明がつかず、大規模な調査研究が必要と指摘した。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84