2004.06.23

スーダン南部のエボラ出血熱、当初30人とされた患者のうち12人は麻疹と判明

 世界保健機関(WHO)は6月22日、スーダン南部Western Equatoria州Yambio郡で発生したエボラ出血熱の流行で、疫学的追跡と臨床検査の結果を踏まえて再評価をした結果、発症者は18人、死亡者は6人だったと発表した。6月11日時点では発症者30人、死亡7人としていたが、発症者とされていた残り12人は米疾病対策センター(CDC)の検査の結果、麻疹(はしか)だったことが判明した。詳細はまだ不明だが、衛生状態や栄養、医療サービスが十分でない地域で麻疹に罹患した場合、かなり重症に推移することを示唆する報告と見ることができそうだ。Yambio郡の保健当局は6月17日までに、エボラ出血熱流行は制圧されたと発表しているが、WHOではサーベイランスと接触調査は継続中だとしている。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172