2004.06.23

スーダン南部のエボラ出血熱、当初30人とされた患者のうち12人は麻疹と判明

 世界保健機関(WHO)は6月22日、スーダン南部Western Equatoria州Yambio郡で発生したエボラ出血熱の流行で、疫学的追跡と臨床検査の結果を踏まえて再評価をした結果、発症者は18人、死亡者は6人だったと発表した。6月11日時点では発症者30人、死亡7人としていたが、発症者とされていた残り12人は米疾病対策センター(CDC)の検査の結果、麻疹(はしか)だったことが判明した。詳細はまだ不明だが、衛生状態や栄養、医療サービスが十分でない地域で麻疹に罹患した場合、かなり重症に推移することを示唆する報告と見ることができそうだ。Yambio郡の保健当局は6月17日までに、エボラ出血熱流行は制圧されたと発表しているが、WHOではサーベイランスと接触調査は継続中だとしている。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127