2004.06.23

米メルク社の国際医学賞で日本人研究者が1、2位を受賞

 万有製薬はこのほど、米Merck社が特に眼科領域の振興を目的に授与しているMSD Awardで今年度の受賞者3人(1位1人、2位2人)のうち、1位と2位を日本人が受賞したと発表した。MSD Awardはフランスの眼科医Dr. Paul Chibretの功績を記念したもので、1982年に創設され、以後2年に1回、今回までに計12回授与されている。

 2004年の研究テーマは、緑内障における眼代謝の役割、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性の3つで、18論文が審査され、第1位は東京大学大学院医学系研究科眼科学助教授の玉置泰裕氏が、第2位は国立病院機構千葉医療センター眼科の上原七生氏とドイツMuenster大学病院眼科のナスカル・リタ氏が受賞した。玉置氏の受賞対象論文は「加齢黄斑変性における経瞳孔温熱療法施行時の半導体レーザー眼底反射光出力測定装置の開発」、上原氏の論文は、「自家製cDNAマイクロアレイシステムを用いた糖尿病マウスの網膜における包括的遺伝子発現解析」。

 本件についてのプレスリリースはこちらまで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正