2004.06.23

米メルク社の国際医学賞で日本人研究者が1、2位を受賞

 万有製薬はこのほど、米Merck社が特に眼科領域の振興を目的に授与しているMSD Awardで今年度の受賞者3人(1位1人、2位2人)のうち、1位と2位を日本人が受賞したと発表した。MSD Awardはフランスの眼科医Dr. Paul Chibretの功績を記念したもので、1982年に創設され、以後2年に1回、今回までに計12回授与されている。

 2004年の研究テーマは、緑内障における眼代謝の役割、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性の3つで、18論文が審査され、第1位は東京大学大学院医学系研究科眼科学助教授の玉置泰裕氏が、第2位は国立病院機構千葉医療センター眼科の上原七生氏とドイツMuenster大学病院眼科のナスカル・リタ氏が受賞した。玉置氏の受賞対象論文は「加齢黄斑変性における経瞳孔温熱療法施行時の半導体レーザー眼底反射光出力測定装置の開発」、上原氏の論文は、「自家製cDNAマイクロアレイシステムを用いた糖尿病マウスの網膜における包括的遺伝子発現解析」。

 本件についてのプレスリリースはこちらまで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1