2004.06.22

東京大大学院CBI公開講座「臨床試験方法論」、7月27日開講で受講受付中

 東京大学大学院医学系研究科クリニカルバイオインフォマティクスユニット(CBI)は、7月27日に開講する公開講座「臨床試験方法論」の受講者募集を開始した。個別の詳細な専門知識を必要とせず、臨床試験の全般を把握するのに適した教育内容に設定しているという。対象は社会人、学部学生、大学院生。今年からCBI公開講座は東京大学の学部学生、大学院生、研究生を除き、資料代を徴収することになった。募集の概要は次の通り。

◆科目:臨床試験方法論
◆開催場所:東京大学医学部臨床講堂(本郷キャンパス)
◆定員:200人(大幅に定員を上回る場合は抽選になる)
◆募集期間:6月15日〜6月29日
◆資料代:16コマ分一括で3万2000円
◆単位認定:単位認定が必要な学生には課題提出・評価を実施する。単位申請者以外には出席が8割以上の場合、東京大学大学院医学系研究科長名で修了証を発行する。
◆プログラム:全日程とも18時〜21時
 7月27日 臨床試験方法論概説1、臨床試験方法論概論2
 8月3日 研究者主導研究の実際、試験デザイン1
 8月17日 研究者主導研究の実際、試験デザイン2
 8月24日 プロトコル作成概論、プロトコル作成上の留意点
 8月31日 統計解析1、統計解析2
 9月7日 データマネジメント1、データマネジメント2
 9月14日 試験報告書とメディカルライティング、安全性情報の管理
 9月21日 モニタリングと監査、臨床試験の運用と管理

 申し込み方法の詳細についてはこちらを参照。(中沢真也)

*イベント、セミナーの開催要項は変更される場合もあります。必ず主催者の情報をご参照ください。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16