2004.06.22

持田メディカル、価格性能比の高い産婦人科用超音波診断装置の新機種を発売

 持田メディカルは6月21日、経膣走査に加え、オプションで経腹走査も可能な小型超音波診断装置「ソノビスタ-C3000」を発売した。同社既存機種「ソノビスタ-MSC」のフルモデルチェンジ版に当たる。700万円(消費税含まず)と低価格ながら3000万円程度の中位機種並みの性能を実現したという。外形寸法は幅450×奥行き665×高さ1210〜1345mm、重さは約60kg。

 主な特徴は次のとおり。

・標準装備の経膣プローベは、メカニカルセクタプローベとしては国内初の5周波対応型で、MSC標準装備のプローベで対応していた7.5MHz、6.0MHz、5.0MHzに加え、新たに9.0MHzと8.3MHzを追加、表層部のより鮮明な表示が可能になった。
・直交3断面を表示でき、病変の断面画像を容易に得ることができる。
・ハードディスクを新たに装備し、画像の記録表示ができるようになった。
・キーレスポンスをMSCの3倍程度と高速化した。
・検査する位置に合わせてモニターと走査パネルの高さを調節できるようにし、診断時の使い勝手を改善した。

 プレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1