2004.06.22

持田メディカル、価格性能比の高い産婦人科用超音波診断装置の新機種を発売

 持田メディカルは6月21日、経膣走査に加え、オプションで経腹走査も可能な小型超音波診断装置「ソノビスタ-C3000」を発売した。同社既存機種「ソノビスタ-MSC」のフルモデルチェンジ版に当たる。700万円(消費税含まず)と低価格ながら3000万円程度の中位機種並みの性能を実現したという。外形寸法は幅450×奥行き665×高さ1210〜1345mm、重さは約60kg。

 主な特徴は次のとおり。

・標準装備の経膣プローベは、メカニカルセクタプローベとしては国内初の5周波対応型で、MSC標準装備のプローベで対応していた7.5MHz、6.0MHz、5.0MHzに加え、新たに9.0MHzと8.3MHzを追加、表層部のより鮮明な表示が可能になった。
・直交3断面を表示でき、病変の断面画像を容易に得ることができる。
・ハードディスクを新たに装備し、画像の記録表示ができるようになった。
・キーレスポンスをMSCの3倍程度と高速化した。
・検査する位置に合わせてモニターと走査パネルの高さを調節できるようにし、診断時の使い勝手を改善した。

 プレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25