2004.06.21

米国の西ナイル熱、患者数は5州で計14人に

 米疾病対策センター(CDC)のサーベイランスによると、米国の西ナイル熱患者数は6月14日現在で14人になった。このうち、軽症の西ナイル熱患者が5人、より重症の脳炎・脳症患者が9人となっている。幸い死亡者は出ていない。夏が近づき、西ナイル熱ウイルスを保有した蚊の活動が活発になるにつれ、感染・発症者が増加するとみられる。

 患者が発生しているのは、アリゾナ州、カリフォルニア州、ニューメキシコ州、サウスダコタ州、ワイオミング州の計5州となっている。この5州を含め、東海岸と南部を中心に計24州で西ナイル熱ウイルスを保有した蚊やそのほかの動物が発見されている。

 西ナイル熱に関するCDCの情報提供サイトはこちら。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14