2004.06.18

インターメディクスジャパンと日本ガイダント 植え込み型除細動器のリード線不具合でクラス1の自主回収

 インターメディクスジャパンと日本ガイダントは植え込み型除細動器のリード線に不具合があったとして、自主回収(改修)を開始した。医薬品医療機器総合機構が運営する医薬品医療機器情報提供ホームページに6月16日付けでクラス1(その製品の使用などが重篤な健康被害または死亡の原因となり得る状況)回収情報として掲載された。

 自主回収・改修に踏み切るのは、インターメディクスジャパンが輸入販売している「エンデュランスEZ J」と日本ガイダントが輸入販売している「エンドタックエンデュランスEZ」で、米Guidant社の同一製品。出荷本数は、インターメディクスジャパンが25施設に対して43本、日本ガイダントは16施設に対して26本だという。

 本件は、植え込み型除細動器を使用している患者で、不必要な除細動ショックが与えられた事例があり、検査の結果、除細動器には異常がなく、リード線の不良が疑われたもの。製造メーカーで確認したところ、先端の電極と伝導コイルの溶接不良が原因だと判明した。今のところ、不良発生は特定日に製造されたものだけに認められているが詳細は調査中だという。

 このような不具合があると、ノイズ発生によって不必要なショックが発生したり、逆に必要な時にショックが与えられない可能性があり、患者の生命にかかわる事態もあり得るため、自主回収・改修に踏み切ることになった。

 本件についての医療機器情報提供ホームページの提供情報はこちら、東京都のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180