2004.06.18

インターメディクスジャパンと日本ガイダント 植え込み型除細動器のリード線不具合でクラス1の自主回収

 インターメディクスジャパンと日本ガイダントは植え込み型除細動器のリード線に不具合があったとして、自主回収(改修)を開始した。医薬品医療機器総合機構が運営する医薬品医療機器情報提供ホームページに6月16日付けでクラス1(その製品の使用などが重篤な健康被害または死亡の原因となり得る状況)回収情報として掲載された。

 自主回収・改修に踏み切るのは、インターメディクスジャパンが輸入販売している「エンデュランスEZ J」と日本ガイダントが輸入販売している「エンドタックエンデュランスEZ」で、米Guidant社の同一製品。出荷本数は、インターメディクスジャパンが25施設に対して43本、日本ガイダントは16施設に対して26本だという。

 本件は、植え込み型除細動器を使用している患者で、不必要な除細動ショックが与えられた事例があり、検査の結果、除細動器には異常がなく、リード線の不良が疑われたもの。製造メーカーで確認したところ、先端の電極と伝導コイルの溶接不良が原因だと判明した。今のところ、不良発生は特定日に製造されたものだけに認められているが詳細は調査中だという。

 このような不具合があると、ノイズ発生によって不必要なショックが発生したり、逆に必要な時にショックが与えられない可能性があり、患者の生命にかかわる事態もあり得るため、自主回収・改修に踏み切ることになった。

 本件についての医療機器情報提供ホームページの提供情報はこちら、東京都のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:863
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:5
  3. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:254
  4. 動かなくなって気付く…左母指の重要性 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:32
  5. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:198
  6. 「脱水」は2つに大別して考える カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:263
  7. 使い捨て医療機器は「再利用」から「再製造」へ インタビュー◎院内での中途半端な洗浄・滅菌はやめよう FBシェア数:196
  8. 患者指導にとって言葉は聴診器以上に大切だ 追悼◆日野原重明氏《インタビュー再録》 FBシェア数:991
  9. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 予約制で1日40人、念願のきめ細やかな診療実現 ルポ:50代の転職(3)◎完全予約制の小児科を開業 FBシェア数:102