2004.06.18

インターメディクスジャパンと日本ガイダント 植え込み型除細動器のリード線不具合でクラス1の自主回収

 インターメディクスジャパンと日本ガイダントは植え込み型除細動器のリード線に不具合があったとして、自主回収(改修)を開始した。医薬品医療機器総合機構が運営する医薬品医療機器情報提供ホームページに6月16日付けでクラス1(その製品の使用などが重篤な健康被害または死亡の原因となり得る状況)回収情報として掲載された。

 自主回収・改修に踏み切るのは、インターメディクスジャパンが輸入販売している「エンデュランスEZ J」と日本ガイダントが輸入販売している「エンドタックエンデュランスEZ」で、米Guidant社の同一製品。出荷本数は、インターメディクスジャパンが25施設に対して43本、日本ガイダントは16施設に対して26本だという。

 本件は、植え込み型除細動器を使用している患者で、不必要な除細動ショックが与えられた事例があり、検査の結果、除細動器には異常がなく、リード線の不良が疑われたもの。製造メーカーで確認したところ、先端の電極と伝導コイルの溶接不良が原因だと判明した。今のところ、不良発生は特定日に製造されたものだけに認められているが詳細は調査中だという。

 このような不具合があると、ノイズ発生によって不必要なショックが発生したり、逆に必要な時にショックが与えられない可能性があり、患者の生命にかかわる事態もあり得るため、自主回収・改修に踏み切ることになった。

 本件についての医療機器情報提供ホームページの提供情報はこちら、東京都のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7