2004.06.18

「頭皮ケア剤+育毛剤」で4倍の発毛効果、ライオンが動物実験で確認

 ライオンは6月17日、男性型脱毛モデルマウスを使った動物実験で、ポリエチレングリコール(PEG)と特定の界面活性剤を組み合わせた同社製の頭皮ケアコンディショナーを育毛剤と併用した場合、未処理の場合に比べて発毛が4倍以上促進されることを確認したと発表した。同社ビューティケア研究所の研究結果で、大阪市で6月17日に開催された日本化粧品技術者会研究討論会で発表した。

 ライオンでは、男性ホルモンを投与して発毛が減退している男性型脱毛モデルマウスに対し、育毛剤(サイトプリン・ペンタデカン酸グリセリド配合の市販育毛剤)だけを投与した場合と育毛剤と同社製頭皮コンディショナーを作用させた場合について、いずれも投与しない対照群と比較した。

 その結果、対照群に比べ、育毛剤だけを作用させた場合の発毛スコアは2倍強、頭皮ケアコンディショナーと育毛剤を作用させた場合は4倍を超えた。

 同社では別の実験で、頭皮コンディショナーが皮膚の柔軟性や育毛剤の浸透性を高めることを確認しており、こうした作用によって、育毛剤の作用を増強していることが明らかになったとしている。

 ライオンのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22