2004.06.17

FDAが警告 制吐薬ドンペリドンの副作用を利用した母乳分泌促進薬が米で出回る

 米食品医薬品局(FDA)は、米国で未承認のドンペリドンが母乳分泌を促す薬剤として出回っていることを重く見て、安全性の観点から使わうべきでないとする警告を発し、ドンペリドンを含む薬剤を調合している薬局・薬店とこれらにドンペリドンを供給している企業に対し、警告書を送付した。

 ドンペリドンはベルギーのJanssen Pharmaceutica社が1974年に創製した薬剤でドパミン抑制による消化管運動の促進作用があり、制吐薬として各国で広く利用されている。日本では協和醗酵が導入・開発し、1982年に「ナウゼリン」として承認されている。現在では特許が失効し、20ブランド以上が各社から販売されている。ドンペリドンには母乳の分泌に必要なホルモンであるプロラクチンの分泌を促す副作用があり、これを効能とした“薬剤”が今般、米国で出回ったと見られる。

 FDAは、ドンペリドンの注薬によって不整脈、心停止、突然死が起こり、いくつかの国で販売が中止されたほか、経口薬を認可している国でも、服用によって母乳に薬剤が排出され、授乳する乳児に未知のリスクがあるという警告ラベルを貼付しているところもあるなどとして注意を喚起している。

 ナウゼリンの使用上の注意にも「重大な副作用」として、乳汁分泌、女性化乳房、乳房膨満感、月経異常などの内分泌異常を挙げている。妊婦には禁忌としているほか、ラットによる動物実験で乳汁中への移行が報告されているとして、授乳中の女性の大量投与は避けることとされている。母乳にドンペリドンが移行して乳児に女性化などのホルモン様作用をもたらす可能性は否定されていない。

 FDAの警告メッセージ(Talk Paper)はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97