2004.06.16

NEC 電子カルテシステムの新製品を発売、パッケージ化で1床60万円程度から

 NECは6月16日、病院向け電子カルテシステムの新製品「MegaOak-BS(メガオークビーエス)」の販売を始めたと発表した。同社がこれまで販売してきた電子カルテ「MegaOak」の機能をパッケージ化し、低コスト化を図った。

 既存製品のMegaOakは、主に300床以上の大病院向けで、病院個別のカスタマイズを施して提供する形の製品。これに対し、今回発売したMegaOak-BSは、あらかじめ標準的な業務フローを定型化したレディメイド型の製品である。主に300床以上の病院向けという点に変わりはないが、「これまでは1床100万円程度かかっていた電子カルテを、1床60万円程度から導入できるようにした」(医療ソリューション事業部長の河渕博史氏)という。

 MegaOak-BSは、利用機能別に構成する3種類のパッケージで構成する。具体的には、(1)オーダリング機能のみの「オーダーパック」、(2)オーダーパックに電子カルテ機能を加えた「ベーシックパック」、(3)ベーシックパックをフルペーパーレス環境で使えるように強化した「ペーパレス志向パック」−−である。このほかにオプションとして、医療ミス防止にPDA(携帯情報端末)とバーコードシステムを利用する「ペイシェントセーフティオプション」や、部門別原価計算や物流管理などの機能を備えた「経営支援オプション」など、4種類のオプション機能を用意する。

 MegaOak-BSの最小構成パッケージとなるオーダーパックの価格は、300床クラスの病院が導入する場合で1億8000万円から。NECは今後3年間で200セットの販売を見込む。(川崎慎介、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172