2004.06.16

日本IBM、500万円と低価格の診療所向け医用画像システムを発表

 日本IBMは6月16日、病院用大規模画像システムに見劣りしない高度な医用画像の表示や保存を可能にした上で、500万円という低価格に抑えた医用画像システム「IBM CIS-Imageクリニック・エディション」を発表した。同日からビジネスパートナー経由で販売を開始する。出荷開始は今年9月1日を予定している。

 CIS-Imageクリニック・エディションは最大で3840×2400ドットの高精細表示が可能な液晶ディスプレイと2テラバイト(1テラバイト=1000ギガバイト)の大容量ディスクを標準で備えており、大病院と同レベルの画像診断ができる。病診連携における画像共有やフィルム保管費低減のための画像デジタル化保存などにも適している。

 システムの基本構成は、920万画素の高精細液晶ディスプレイ「IBM T221」、医用画像の標準規格であるDICOM規格の画像に対応した表示ソフト「CIS-Image/Viewer」、PCサーバー「IntelliStationZ-Pro」、アレイ社製DICOMサーバーソフト「AOC(IBM対応版)」、物理容量2テラバイトのハードディスクシステムでアドテックス社製の「ADTX RAID ArrayMasStorP」となっている。

 日本IBMのプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127