2004.06.16

カメルーンのコレラ流行、半年で3000人発症、46人が死亡

 世界保健機関(WHO)はカメルーン西部のLittoral地方などで続いているコレラの流行で、今年に入ってから6月9日までの発症者が2924人となり、うち46人が死亡したと発表した。Littoral地方の港湾都市Douala市での流行は今年3月までにいったん制圧されたが、雨季到来に伴って6月初旬から再び感染者が発生し始めた。同国健康省は首都Yaoundeから70人の医師をDouala市に派遣し、コレラ治療センターで対策に当たっている。WHOのアフリカ地域事務所やフランス政府も、疫学や社会移動対策、水質管理などの専門家を派遣し、対策チームに加わっている。

 WHOのプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13