2004.06.16

リポビタンDが累計200億本突破、医薬品ドリンク剤のカテゴリー築く

 大正製薬は6月14日、ドリンク剤のリポビタンDが1962年3月の発売以来、2004年3月までの42年間に累計出荷本数が200億本を超えたと発表した。現在では年間約8億本が出荷されており、15歳以上の成人1人当たり1年に8本飲んでいる計算になる。リポビタンDには上位製品のリポビタンDスーパーや女性向けに低カロリー化したリポビタンDライトなど15品目のシリーズ製品があるが、200億本はリポビタンD単品の累計本数である。

リポビタンDは発売当初、医薬品として発売された。ふたをひねって開けるびんの採用と100mlという大容量で、服用しやすさと飲み応えする点がうけ、それまでの栄養剤の主流だった20ml入りアンプル剤に取って代わった。手軽な栄養補給源として親しまれ、「疲れた時にドリンク剤を飲む」というライフスタイルを定着させた。1999年になって医薬品から医薬部外品に変更され、コンビニや自動販売機での販売が可能になった。

 販売シェアは薬局・薬店などの薬系チャネルでは約47%、スーパー、コンビニなどの食系チャネルでは66%を占めるガリバー商品となっている。薬系チャネルの2位は大鵬薬品工業のチオビタドリンクで約14%、食系の2位は武田薬品工業のアリナミンドリンクシリーズで約11%だという(いずれも大正製薬調べ)。ミニドリンクの売れ筋製品としては大塚製薬のオロナミンCドリンクがあり、こちらは1965年の発売で2001年に累計250億本を突破している。しかし、炭酸飲料として販売されており、商品ジャンルは異なる。

 リポビタンDの1本当たりカロリー量は74kcalで、砂糖と果糖約19gが含まれていることになり、350ml缶に砂糖・果糖約34gを含む一般の炭酸飲料と比べてもかなり甘味が強い。これについては「疲労時の栄養補給が主な目的であり、変更の予定はない。関連製品で低カロリー化などの需要に応えていく」(同社広報室)としている。

 大正製薬のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  2. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:389
  3. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  4. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:220
  5. 70歳男性。主訴:全身の掻痒感と褐色尿 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. オペ室マジック 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 便潜血陽性者は早めに内視鏡検査受けるべき JAMA誌から FBシェア数:100
  8. 「酸味が嫌い」な患者のBMIとHbA1cは高い 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:9
  9. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:165
  10. 一期一会の患者でも経過に注目してみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:33