2004.06.16

リポビタンDが累計200億本突破、医薬品ドリンク剤のカテゴリー築く

 大正製薬は6月14日、ドリンク剤のリポビタンDが1962年3月の発売以来、2004年3月までの42年間に累計出荷本数が200億本を超えたと発表した。現在では年間約8億本が出荷されており、15歳以上の成人1人当たり1年に8本飲んでいる計算になる。リポビタンDには上位製品のリポビタンDスーパーや女性向けに低カロリー化したリポビタンDライトなど15品目のシリーズ製品があるが、200億本はリポビタンD単品の累計本数である。

リポビタンDは発売当初、医薬品として発売された。ふたをひねって開けるびんの採用と100mlという大容量で、服用しやすさと飲み応えする点がうけ、それまでの栄養剤の主流だった20ml入りアンプル剤に取って代わった。手軽な栄養補給源として親しまれ、「疲れた時にドリンク剤を飲む」というライフスタイルを定着させた。1999年になって医薬品から医薬部外品に変更され、コンビニや自動販売機での販売が可能になった。

 販売シェアは薬局・薬店などの薬系チャネルでは約47%、スーパー、コンビニなどの食系チャネルでは66%を占めるガリバー商品となっている。薬系チャネルの2位は大鵬薬品工業のチオビタドリンクで約14%、食系の2位は武田薬品工業のアリナミンドリンクシリーズで約11%だという(いずれも大正製薬調べ)。ミニドリンクの売れ筋製品としては大塚製薬のオロナミンCドリンクがあり、こちらは1965年の発売で2001年に累計250億本を突破している。しかし、炭酸飲料として販売されており、商品ジャンルは異なる。

 リポビタンDの1本当たりカロリー量は74kcalで、砂糖と果糖約19gが含まれていることになり、350ml缶に砂糖・果糖約34gを含む一般の炭酸飲料と比べてもかなり甘味が強い。これについては「疲労時の栄養補給が主な目的であり、変更の予定はない。関連製品で低カロリー化などの需要に応えていく」(同社広報室)としている。

 大正製薬のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127